「素晴らしいの一言!」「ほんと凄いゴール」神戸ビジャの衝撃ゴラッソに称賛相次ぐも、チームには厳しい一言も…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年07月06日

清水ディフェンスラインの間を抜けてダブルタッチでGKを翻弄!

華麗なゴラッソで今季通算10得点目に到達したビジャ。写真:徳原隆元

画像を見る

 神戸の元スペイン代表ストライカーが鮮やかな一撃でサッカーファンに衝撃をもたらしている。

 7月6日に行なわれた18節の清水エスパルス対ヴィッセル神戸は、2対1でホームの清水が勝利。ドウグラスのクラブ新記録となる7試合連続弾が決勝点となった。

 しかし、この日スタジアムにどよめきをもたらしたのは、清水エースの一発だけではなかった。清水の1点リードで迎えた29分、神戸は古橋亨梧からのフィードに、ダビド・ビジャが絶妙なトラップで抜け出す。ビジャは向かってくるGK西部洋平を嘲笑かのようなダブルタッチでゴールに流し込む。ボールはゆっくりと清水ゴールに吸い込まれた。

 結局、このゴールで神戸は試合を振り出しに戻すも、後半にドウグラスのゴールで勝ち越され、反撃も及ばず。ビジャが得点を重ねていたここ5戦で負けなしとしていたが、6試合ぶりの敗戦となった。

 それでも、ビジャへの称賛の声が相次いでいる。神戸の公式SNSでは、クラブが「勝利には結びつきませんでしたが、本日のビジャ選手のゴールは素晴らしかったです。ご覧ください」との文面とともに公開したゴール動画には多くの反応があり、「ビジャほんと凄いゴール!!」「キーパー弾いたボール足に当たって入ったのかと思ったらダブルタッチ…上手すぎ」「素晴らしいの一言!」「すげぇーなぁー」「流石やなー」と絶賛の声がが続いた。
 
 とはいえ、ボール支配率では圧倒的に上回り、チャンスも数多く作っていただけに、「確かに素晴らしかった!なのに、なんで勝てんのや」といった厳しい声や「いや勝利に結びつけてくれ」といった敗戦に肩を落としたような声も見られた。

 神戸は勝点21にとどまり、暫定ながら13位に後退。明日の他会場の結果次第では、さらに順位が下降する可能性もある。ビジャやイニエスタといった不世出のクラッキを抱える神戸。せっかくのスーパープレーを、やはり結果に結び付けたいところだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ