衝撃弾の応酬は清水に軍配! ドウグラスがクラブ新の7戦連発! 神戸ビジャもダブルタッチの超絶弾!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年07月06日

ドウグラスは1ゴール・1アシストの大活躍!

1得点・1アシストの活躍を見せたドウグラス。写真:徳原隆元

画像を見る

 J1リーグは7月6日、各地で18節の5試合を開催。IAIスタジアム日本平では、清水エスパルス対ヴィッセル神戸の一戦が行なわれ、ホームの清水が2対1で勝利を収めた。


 試合は元スペイン代表のアンドレス・イニエスタとダビド・ビジャを中心に圧倒的なボール支配を見せる神戸に対し、清水はドウグラスのスピードを軸にカウンターで対抗。するとまずは、後者が電光石火のカウンターからスコアを動かす。26分、自陣でボールを受けたドウグラスがスピードを活かしたドリブルで相手選手をふたり置き去りにして、股抜きでラストパス。これを走り込んだ北川航也が落ち着いて沈め、清水が先制した。

 しかし、神戸もすぐさま反撃。29分、後方からのフィードに絶妙なトラップで抜け出したビジャが、GKと1対1の場面を迎える。すると、ビジャは向かってくるGKを嘲笑うかのように、右→左のダブルタッチでゴールに流し込む。ボールはゆっくりと清水ゴールに吸い込まれた。神戸がビジャのリーグ二桁一番乗りとなる同点弾で、1-1と試合を振り出しに戻した。

 1-1で迎えた後半も神戸がポゼッションで優勢に立つが、スコアを動かしたのは清水。敵陣深いエリアでスローインを得ると、二見宏志のロングスローに反応したドウグラスが高い打点のヘディングシュートをゴールに流し込む。清水がエースのクラブ新記録となる7試合連続ゴールで勝ち越した。

 結局、試合は2対1でタイムアップ。清水は2試合ぶりの勝利を収め、勝点を22に伸ばした。一方の神戸は21にとどまっている。
【関連記事】
ビジャ、驚愕弾! GKを翻弄する“ダブルタッチ”シュートで得点ランク単独首位の今季10点目!
神戸vs名古屋戦の微妙なPK判定に、原氏は「イニエスタが悪い」。『ジャッジリプレイ』で言及した、その真意は…
「ゴラッソ!」「ミラクルな日だ」イニエスタ、ビジャ、トーレスの2ゴール揃い踏みを母国スペイン紙も大絶賛!!
「まるで芸術作品のよう」「5人を振り回した!」神戸のサンペールが挙げたプロ初ゴールをスペイン紙が称賛!!
Jリーグが『稲本潤一が選ぶ自身のJ歴代ゴールTOP10』を紹介!1位は記念すべきプロ初ゴール

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ