【J1展望】名古屋×湘南|勝利が遠い両チーム…名古屋は状況打破へ新システム採用か?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2019年07月06日

名古屋――丸山の状況次第で3バックに変える可能性が

故障者/名古屋=青木、渡邉、成瀬 湘南=大橋
出場停止/名古屋=なし 湘南=なし   

画像を見る

J1リーグ18節
名古屋グランパス-湘南ベルマーレ
7月7日(日)/18:00/パロマ瑞穂スタジアム
 
名古屋グランパス
今季成績(17試合終了時):8位 勝点25 7勝4分6敗 27得点・20失点
 
【最新チーム事情】
●ここ6戦は2分4敗。天皇杯では鹿屋体育大に敗れた。
●丸山の状態によってだが、3-5-2を採用か。
●前節は神戸に3-5で敗れたが、久々に複数得点を奪った。
 
【担当記者の視点】
 12節の川崎戦に引き分けて以降、リーグ戦では2分4敗と急失速している。そのなか、今節は臀部を痛めている丸山の状態次第だが、3バックを採用する可能性も出てきた。新システムで状況を打開できるか注目だ。
 
 ここ5戦はすべて先制点を奪われて苦しい状況に立たされているだけに、ポイントは先に試合を動かせるかだ。天皇杯で鹿屋体育大に敗れ、周囲の風当たりは厳しくなっているが、一致団結してこの苦境を抜け出したい。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月13日号
    7月22日発売
    2020年シーズン更新版
    J1&J2全40クラブ
    最新戦術ガイドブック
    攻守のメカニズムを徹底分析!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月16日発売
    初夏の風物詩
    2019-2020シーズン
    BEST PLAYERを発表!
    リバプール優勝記念特集も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ