「英雄のように宙を舞った」「銀河級の送り出し」久保建英の壮行セレモニーをスペイン大手2紙が報じる

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年06月30日

「奇妙なさよならの儀式で送り出された」

サポーターの声援に応える久保。先輩たちから胴上げをされて送り出された。 (C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 FC東京からスペインの強豪レアル・マドリーへ移籍した久保建英が、6月29日に行なわれたJ1リーグ第17節、FC東京対横浜F・マリノス戦の後、壮行セレモニーを行なった。

 スペイン紙『MARCA』は、その様子を次のように伝えている。

「レアル・マドリーはいま最もエキサイティングな若いフットボールプレーヤーを獲得することができた。その彼はFC東京とファンにさよならを告げた。チームメイトに称えられ、花束を与えられ、英雄のように宙を舞った。そして、スタジアムのファンへお礼を伝えるためにトラックをねり歩いた」

 また、スペイン紙『AS』も「クボはFC東京で“銀河級”のセレモニーで送り出された」と報じている。

「ブラジルで行なわれているコパ・アメリカ(南米選手権)から、日本代表メンバーの一員として帰国した18歳の少年は、土曜日にJ1リーグを観戦。観客席には『東京から世界へ。ガンバレ久保建英』というバナーが掲げられた。

 FC東京の東慶悟から花束を受け取った久保は、サポーターへのスピーチを行ない、群衆は久保の名を、そしてチャントを叫んだ。そして、チームメイトからは胴上げされ、後頭部をはたかれる奇妙なさよならの儀式で送り出された」

 レアル・マドリーに加入する久保は、まずBチーム(カスティージャ)に所属することになる。だが、『AS』紙は「ジネディーヌ・ジダン監督が率いるトップチームと、定期的に同じトレーニングを行なうことが期待されている」とその実力を高く評価しているようだ。

 欧州トップチームの一員となる久保。満を持してスペインへと“帰還する”若きサムライは、ますます注目を集めそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ