【YS横浜】“二足のわらじ”を履く現役Jリーガー。得点ランク2位の浅川隼人が掲げる将来の夢は…

カテゴリ:Jリーグ

高澤真輝

2019年06月27日

サッカースクールを開くという夢

ここまで今季13試合・7ゴールの浅川。YS横浜の攻撃を牽引する。ⒸY.S.C.C.

画像を見る

 J3で13位と低迷するYS横浜だが、ひとり気を吐くプレーヤーがいる。7ゴールを挙げて得点ランキング2位タイに付ける浅川隼人だ。
 
 ストロングポイントの鋭い動き出しでマークを剥がし、正確なシュートでゴールを量産。今後、知名度を上げていく可能性のある浅川はピッチ内のみならず、ピッチ外でも活躍している。新しいチャレンジで子どもたちに夢を与えようとしているのだ。
 
 浅川はシーズン中にも関わらずSNSを通じて「僕を雇ってください」と呼びかけ、依頼があれば小中学校のサッカークラブに赴き「Jリーガーと一緒にボールを蹴りたい」「得点力不足を解消したい」といった要望に合わせて積極的に指導を行なう。さらにクラウドファウンディングで募った資金を基にセブ島でチャリティサッカースクールを開催する計画を立てている。国内外問わず、活動の幅を広げているのだ。
 
 これらの活動をする理由は将来、自分のサッカースクールを開くという夢があるからだという。ビジョンとしては「親御さんにもアスリートを育てるためのアスリートフードを教え、子どもたちに必要なトレーニングやストレッチを広めるなどの、老若男女が楽しめる複合施設を作りたい」と、鮮明な構想が描かれている。今は実現のために何をしなければいけないのか、を逆算してステップを一つひとつ踏んでいる段階である。
 
「僕は後先考えずに見切り発車が多い。ただ見切り発車をした後でちゃんとゴールを見ながら目標立てをできるのは強みです。なぜ僕がプロサッカー選手になれたかというのは目標や夢から逆算する力が人よりも少し長けていたから。今まで通り見切り発車に後悔しないように行動しています」
 
【関連記事】
【セルジオ越後】勝利が必要なエクアドル戦で、なぜ守備重視?森保ジャパンは点の取り方が見えない
リアル“南葛SC”は「関東リーグ昇格」を果たせるか? 福西崇史監督が語る、そのビジョンと決意
【三浦泰年の情熱地泰】コパ・アメリカ編|日本にクラッキはいない! ブラジルのメディアは褒めてくれるが…
井手口陽介もG大阪復帰!? 地元紙がリーズ退団容認を報道「古巣に戻って悪夢のような時間を終わらせるつもりだ」
東京五輪の布陣はどうなる? コパ3戦を通じて見えた必須の縦軸は冨安、柴崎、そして…

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよJ開幕目前!
    2月9日発売
    2023シーズン
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想や見所など総点検!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ