【コパ・アメリカ総括】「良い経験だけで終わらせてはいけない」川島永嗣や森保一監督の言葉から紐解く収穫と課題

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2019年06月28日

ウルグアイ戦で見せた森保ジャパンの真骨頂

ウルグアイ戦では2度のリードを奪うなど奮闘。優勝候補に推される相手を追い詰めた。(C)Getty Images
(C)Getty Images

画像を見る

 あと一歩。ただそれが大きな差なのかもしれない。

 日本が国際Aマッチで一度も勝利を挙げたことのない南米の地は、やはり鬼門だった。1999年以来、2度目の出場を果たしたコパ・アメリカで、チリ、ウルグアイ、エクアドルと対戦した森保ジャパンは、2分1敗の成績でグループリーグ敗退。目標だった南米での初勝利にはまたも手が届かなかった。
 
 ただし、すべてがネガティブな結果だったかというと、そうではない。少なくとも今後の森保ジャパンの転機にはなる大会になったのではないか。
 
 森保一監督も「チリ戦は0-4の完敗でしたが、ウルグアイ戦(2-2)、エクアドル戦(1-1)は勝てる可能性が大きくあったことは自信にしていこうと選手には伝えました。一方で(スコアは)ほんの少しの差ですけど、そこには大きな埋めなければいけない差があり、力をつけるという意味では、厳しくそれぞれが成長しなくてはいけないとも話しました」と大会を総括する。
 
 確かにぶっつけ本番に近かったチリ戦は、序盤こそ奮闘したが、大会連覇中の王者に決定力の差を見せ付けられて完敗。もっともここからが、森保ジャパンの真骨頂だった。続くウルグアイ戦へ中2日と準備期間が短い中で、チームとしての約束事を整理し、選手たちも自信を持って臨んだのだ。
「やるしかないという感じでした。ラインが下がってしまったチリ戦に比べて、皆で強気に守れました。チリ戦の反省をしっかりチームとして修正できたのが大きかったです」(杉岡大暉)と、ウルグアイ戦ではチャレンジ&カバーを徹底し、前からの組織的なプレスも敢行。CB植田直道のシュートブロックがVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)によるやや可哀そうな判定でPKとジャッジされ、後半にはCKからホセ・ヒメネスに見事なヘッドを決められて2度のリードを守れなかったが、エディンソン・カバーニ、ルイス・スアレスを擁するウルグアイに果敢に挑んだ。
 
 また攻撃面では「チリ戦ではチャンスを作れたという想いは共有していました。だからこそ、そこはいけると思ってプレーしていました」(三好康児)と、ショートカウンターを軸に、中島翔哉の突破力、柴崎岳のパス能力を活かしつつ、三好が流れの中から2ゴール。勝ち切れなかった点は課題だが、攻守にアグレッシブに戦っただけに、今後の指標となるゲームと言えただろう。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月13日号
    7月22日発売
    2020年シーズン更新版
    J1&J2全40クラブ
    最新戦術ガイドブック
    攻守のメカニズムを徹底分析!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ