日本の“気品”が欧州にも浸透? U-21欧州選手権でスペインがロッカールームを清掃し、宿敵イタリアに感謝!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年06月20日

「品格のレッスン」と絶賛された振る舞い

互いにしのぎを削り合った試合後、スペインはロッカールームに感謝のメッセージを残していった。 (C) Getty Images

画像を見る

 イタリアとスペインが激しいライバル関係にあることは周知の事実である。だが、現在イタリアで開催中のU-21欧州選手権では、両国が敬意を払いあう一幕が見受けられた。

 両国は6月16日の開幕日に対戦。スペインが先制したものの、フェデリコ・キエーザの2ゴールなどで、3-1でイタリアが逆転勝利を収めた。

 衛星放送『Sky Sport』などの複数のイタリア・メディアによると、試合前の国歌斉唱の際に地元ボローニャのサポーターが、スペインへの敬意から拍手し、相手サポーターと「素晴らしい雰囲気」をつくり出したという。

 スペインも、そんなイタリアの姿勢に感謝の意を表した。試合には敗れたが、ロッカールームを清掃し、「Grazie Bologna(ありがとう、ボローニャ)」とイタリア語で書かれた紙を残していったのだ。
 
 イタリアのメディアは、スペインの行動に「品格のレッスン」、「見事なフェアプレー」と賛辞を寄せている。UEFA公式ツイッターのイタリア語版も、画像つきで称賛した。

 試合後のロッカールーム清掃といえば、ロシア・ワールドカップなどで日本代表がたびたび世界から称賛を浴びた行動だ。もしかすると品格を重んじる日本人のマナーが、欧州にも浸透しているということかもしれない。

 なお、スペインは19日のベルギー戦に勝利し、イタリアはポーランドに0-1と敗れ、ともに1勝1敗の勝点3で並んだ。グループAは2連勝の首位ポーランドを、イタリアとスペインが追うかたちとなっている。

 グループAの勝者は準決勝に駒を進めると同時に、来年の東京五輪への出場権を獲得できる。大事な権利が懸かる22日の最終節、スペインはポーランドと、イタリアはベルギーと対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月26日号
    12月12日発売
    15年ぶりのJ1制覇!
    横浜F・マリノス「優勝記念号」
    BEST PLAYER&年間査定に
    2020欧州組カレンダーも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ