【コパ・アメリカ/ウルグアイ戦|展望】何より警戒すべきは相手の強力2トップ。ショートカウンターにも細心の注意を

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2019年06月20日

日本の守備陣はスアレス、カバーニを止められるか

両チームの予想スタメン。ともに4-4-2を採用か。

画像を見る

 6月20日(日本時間21日の8時)、コパ・アメリカのグループリーグ第2戦で日本が対戦するのは、グループ内で最も実力が高いとされるウルグアイだ。
 
 日本は初戦でチリに0-4で敗れたのに対し、ウルグアイはエクアドルに4-0と快勝。大会最多の16度目の優勝へ最高のスタートを切っており、日本戦も勢いに乗って臨んでくるはずだ。
 
「攻守ともに世界のトップクラスがいるチーム。攻撃は前線のふたりを軸にした速攻の部分を注意しながら、彼らのアタックを組織的に止めたい」
 
 森保一監督がそう語るように、コンパクトな守備とショートカウンターを武器とするウルグアイで、何より注意したいのは、ルイス・スアレスとエディンソン・カバーニの強力2トップだ。同級生のふたりは、良好なコンビネーションを築いており、ともにワールドクラスの決定力を備える。
 
 CBの冨安健洋も「シンプルにカバーニ選手、スアレス選手を起点に攻撃してくる」とウルグアイの印象を語り、「ボックス内でボールを持たせてしまうと対応が難しくなるので、いかにボックス内に入れさせないよう、下がりすぎずに守備をできるか。チリ戦よりもできるだけ高い位置でディフェンスをしたいです」と口にする。
 
 もっとも、このふたりだけを抑えれば良いというわけではない。左足の精度が高く、初戦のエクアドル戦では華麗な先制点を挙げた左サイドハーフのニコラス・ロデイロも警戒が必要で、右サイドハーフのナイタン・ナンデス、ボランチのロドリゴ・ベンタンクールも効果的に攻撃に絡んでくる。
 
 さらにディエゴ・ゴディン、ホセ・ヒメネスのCBコンビを軸とした最終ラインは実に強固で、ボールを奪えば即座にカウンターを仕掛けてくるだけに、安易なボールロストは命取りとなるだろう。またエクアドル戦でボランチのマティアス・ベシーノが負傷し、離脱が決まったが、その穴はアーセナル所属のルーカス・トレイラがキッチリ埋めそうだ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ