ウルグアイのタバレス監督が日本との再戦へ自信。昨年10月に敗戦も「負けた時は違うチームだった」【コパ・アメリカ】

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2019年06月20日

日本は「スピードがあり、運動量もある」

公式会見に臨んだタバレス監督。日本戦へ意気込みを語った。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 6月20日にコパ・アメリカのグループリーグ第2戦で、日本とウルグアイが対戦する。その前日の19日には、ウルグアイのオスカル・タバレス監督が公式会見に出席し、意気込みを語った。
 
 日本の印象については「スピードがあり、運動量もある」と話した指揮官は、今大会、東京五輪世代を中心に臨んでいる森保ジャパンを「若くて様々な経験をしているチーム」と評した。
 
 昨年10月には埼玉スタジアムでのキリンチャレンジカップで、ウルグアイは日本に3-4で敗戦。もっとも当時はルイス・スアレスら数人の選手がおらず、タバレス監督は「負けた時は違うチームだった」と再戦へ自信を覗かせる。
 
 ウルグアイは初戦のエクアドルに4-0で勝利しており、日本戦にも負傷離脱したマティアス・ベシーノを除き、ベストメンバーで臨んでくるようだ。“本気”のウルグアイに対し、日本はどう戦うのか。注目の一戦は6月20日(日本時間21日の8時)にキックオフされる。

取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)
 
【関連記事】
【チリ戦|動画&記事一覧】解説:セルジオ越後、金田喜稔、採点&寸評、プレー分析、各国メディアの評価、PHOTOギャラリーetc.
森保一監督がウルグアイ戦へ初戦からのメンバー変更を示唆「何人かは変わって臨むと思う」【コパ・アメリカ】
「不気味なのは…」ウルグアイ・メディアがチリ戦後に日本への警戒心を強める! そのワケは?【コパ・アメリカ】
久保建英も大苦戦…チリの「デュエル」に圧倒された日本代表、ウルグアイ戦に向けた対策が必須だ
【チリ戦|戦評】スコア以上の惨敗。それでも大事なのは若き代表が何を学んだかだ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ