【識者に訊くコパ・アメリカの予想布陣】中島と久保の2シャドーに、左利きの三好が連動できれば面白い

カテゴリ:日本代表

佐藤俊

2019年06月17日

冨安はリーダーシップという部分での成長を見せてほしい。

佐藤氏が選んだコパ・アメリカのスタメン。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 A代表だが、東京五輪世代が多いために3バックが基本になると思われる。
 
 GKは、大迫敬介で決まりだろう。来年の東京五輪を考えるとGKの成長が必須になる。フィールドプレーヤーと比較して、この世代のGKは試合に出場するチャンスが少なく、国際経験も少ない。大迫は広島でレギュラーであるし、コパ・アメリカで試合に出ることで国際経験も積める。全試合出場する気持ちでゴールを守ってほしい。
 
 3人のセンターバックは、左に板倉滉、中央に冨安健洋、右に岩田智雄。岩田は大分躍進の一翼に担う守備陣のひとりで3バックにも慣れている。センターバックでありながら攻撃力が高く、スピードがあるので対人能力も高い。大分と同じポジションで世界相手にどのくらいできるか。

 冨安は、この世代ではDFの中心というよりもチームのリーダーになるべき存在。攻守での貢献はもちろん、リーダーシップという部分での成長を見せてほしい。
 
 板倉は今年マンチェスター・Cに完全移籍したがレンタル先のフローニンヘンで試合に出場できていない。試合勘がなく、難しい状態だが元々能力が高い選手。現状でどのくらいやれるのか、森保一監督が見極めるための招集と思われるので、必ず起用するはず。試合に出れなかった鬱憤を晴らすプレーを見せてほしい。
 
 ボランチは、柴崎岳が軸になり、中山雄太と松本奏志の併用になるだろう。
 
 柴崎についてはあえて述べる必要はないが、若いチームをどう引っ張るのか。柴崎のハンドル捌きが楽しみだ。
 
 中山は1月にオランダのズヴォーレに移籍し、4試合の出場に終わっている。板倉と同じく試合勘の問題があるがU-20W杯で冨安とセンターバックを組み、ベスト16進出に貢献した質の高い選手。ゲームメイクをする柴崎の隣でA代表の常連になっている遠藤航のように守備を請け負うボランチとして活きるだろう。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月1日発売
    ストライカー
    「第3世代の衝撃」
    “新・FW黄金期"が
    まもなく到来!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ