レアル・マドリー入りの久保建英とバレンシアのイ・ガンイン。日韓の至宝はどっちがスゴイのか?

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェスト編集部

2019年06月16日

共通点は2001年生まれ、10歳で渡西、左利き。

日本の久保(左)と韓国のイ・ガンイン(右)は比較されることが多い。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 ともに2001年生まれで、10歳でスペインに渡った久保建英とイ・ガンインは、将来を嘱望される日韓の至宝だ。同じ左利きという共通点もあるふたりは、どちらが凄いのだろうか。
 
 10歳でバルセロナのカンテラに入団した久保建英は、FIFAの決定(18歳未満の外国人選手獲得・登録の違反でバルセロナに制裁)も影響して13歳で退団を余儀なくされ、FC東京の下部組織に加入。2017年にプロ契約を交わすと、そのシーズン終盤の33節・広島戦で16歳5か月22日でJ1デビューを果たした。昨季の横浜へのレンタルを経て迎えた今季は出番を増やし、13試合で4ゴール。センセーショナルな活躍で評価を上げ、6月14日にはレアル・マドリーへの移籍が決まった。
 
 世代別代表にもコンスタントに名を連ね、2017年には当時16歳ながら飛び級でU-20ワールドカップに出場。今年6月9日のエルサルバドル戦では、ついにA代表デビューも果たした。

 一方、10歳でバレンシアの下部組織に入団したイ・ガンインは、外国人選手としてはクラブ最年少(17歳10か月24日)でリーガデビュー。今季は世界トップレベルのリーグで3試合、ヨーロッパリーグには2試合に出場している。
 
 3月にはA代表に招集されたものの、出場はなし。とはいえ、10番を背負ったU-20ワールドカップでは6試合で2ゴール・4アシストを決める活躍で、韓国の準優勝に大きく貢献した。
 久保もイ・ガンインも非凡なボールスキルを持っており、複数の相手DFに囲まれても打開できるドリブルが魅力だ。どちらもゴールやアシストなど、何でもできる天才肌ではあるが、これまでの成績からも窺えるように、比較するとフィニッシュの局面では少しタイプが異なる。

 Jリーグで得点数を伸ばした久保は、どちらかと言えばストライカー寄りか。エルサルバドル戦の73分には、右サイドからカットインしてシュートを放った。直近の試合で、ゴールへの意識の高さを窺わせたプレーだ。
 
 一方、U-20ワールドカップで4アシストを決めているイ・ガンインは、チャンスメーカーの傾向が強い。グループステージのアルゼンチン戦では、左サイドをドリブルで駆け上がり、正確なクロスでオ・セフンのゴールをアシスト。ちなみに、決勝のウクライナ戦でもパサーの役回りが多かった。

 もちろん、両者ともにゴールもアシストもできる選手ではある。だが、対戦相手や状況が異なるとはいえ、直近の試合で見せたサイドでボールを持った時のプレー――シュートを選ぶ久保とパスをチョイスするイ・ガンイン――からは、久保とイ・ガンインのスタイルの違いが垣間見えた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ