【日本0-0トリニダード・トバゴ|採点&寸評】中島&堂安は沈黙。新システム採用も不完全燃焼

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2019年06月05日

3バックは無失点で試合を終える

【警告】日本=なし トリニダード・トバゴ=カリーム・ハイランド(41分)、ケバン・ジョージ(56分)、マービン・フィリップ(89分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】マービン・フィリップ(トリニダード・トバゴ)

画像を見る

[キリンチャレンジカップ2019]日本 0-0 トリニダード・トバゴ/6月5日/豊田スタジアム
 
【日本代表・総評】
5.5
森保ジャパン発足以降、A代表では初の3-4-2-1を採用。守備では相手の拙い攻撃もあり、危険なシーンは少なかった。一方、攻撃面では前線の3枚にウイングバック、ボランチらが絡む形にぎこちなさが。最後まで1点が遠かった。MOMを挙げるなら好守連発の相手GKか。
 
【個人採点・寸評】
GK
23 シュミット・ダニエル 
前半に一度、危なっかしいパスはあったものの、それ以外は総じて安定。20分の相手の強烈なFKをセーブし、54分のシュートも止めた。
 
DF
5 長友佑都 6
相手との実力差もあり、左サイドの高い位置をキープ。中島とのコンビネーションもまずまずだった。ただクロスにもうひと工夫あっても良かった。
 
19 酒井宏樹 6(61分OUT)
序盤は相手に削られるシーンが続いたが、球際で決して退かずデュエルの強さを発揮。23分には右サイドからのクロスで大迫の決定機を演出した。
 
3 昌子 源 5.5
3バックの中央で最終ラインをコントロール。1対1の守備も強く、フィードで攻撃をサポートした。ただし、54分には相手とのスピード勝負で後手を踏んだのは不安材料だ。
 
22 畠中槙之輔 6
素早い寄せで相手の速攻を潰した。守備面で穴を空けなかったが、自ら持ち上がるなどもう少し攻撃への関与が欲しかった。
 
16 冨安健洋 6
スピードを活かして相手のカウンターをケア。CKを与えてしまったシーンなどは課題も、大きな減点材料はなし。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト7月25日号
    7月11日発売
    勢力図はどう変わる!?
    2019シーズン J1&J2
    最終順位 大予想
    柴崎&宇佐美ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月4日発売
    REAL MADRID
    第3次銀河系の全貌
    400億円投資でどう変わる?
    プレミア開幕1か月前点検も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ