【セルジオ越後】機能しない3バックをなぜ続けた?采配は疑問だし、選手も無策だった

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年06月05日

「いろんな選手を見たい」と言っていたけど、使ったのは”これまで見ていた選手”ばかり

終始、押し気味に試合を進めたが、相手GKの好セーブに阻まれ、ついに点を取れなかった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 トリニダード・トバゴ戦は……良くなかったね。シュートの本数は多いのは、レベルの差があるから当然。フリーなゾーンではいくらでもボールを回せたけど、相手DFが密集したエリアの中ではシャープさがなかった。瞬間的な速さや強さがなく、キレを欠いていたよね。
 
 戦術的なことを言えば、3バックにして両サイドのウイングバックを高い位置に上げたせいで、攻撃がワンパターン化した。中央には大迫しかいないのに、クロスをむやみに上げていたよね。中島もアウトレンジからのシュートが多くて、相手の懐に入ってからの仕事ができなかった。堂安も不調で、まったくチャンスに絡めていない。
 
 アジアカップと同じようなメンバーを出場させて、当時と同じような試合をしたな、というのが率直な印象だよ。あの大会も守備を固める相手を崩しきれずに苦戦していたでしょ。つまりは、チームとして成長していないんだ。

 森保監督は9月のワールドカップ予選のために「いろんな選手を見たい」と言っていたけど、使ったのは”これまで見ていた選手”ばっかりだった。このところA代表は結果が出ていないから、勝ちが欲しかったんだろう。途中出場させたのも原口だったり、伊東だったり、常連ばかり。勝って当たり前の相手に勝てずに、相手GKをヒーローにしてしまったよね。
 
 なぜ点が取れなかったかと言えば、つまるところ個の力が足りないんだ。いい形を作りたいと思って理想を追いかけても、引いた相手を「形」で崩すのはそう簡単ではない。こぼれ球に対する人数が相手のほうが多いんだから、どうしたって攻撃に厚みを持たせるのは難しいしね。相手はまるでセットプレーの守りのようにゴール前に人数を割いていたのに、日本はセットプレーの攻撃の人数でやってないんだから、勝ち目は薄いよ。相手は時差ボケもあって終盤にボロボロに疲れてきたけど、そのハンデキャップも生かせなかったんだ。
 
 結局、ああいう試合は、狭い局面のなかでどれだけ相手の先を取れて、落ち着いたプレーができるかなんだ。大迫は「半端ない」と言われているけど、それは日本のなかだけの話だからね。大迫の所属クラブでのプレーを見れば分かるでしょ。あの狭い局面でポストプレーを任されるようなタイプではないんだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ