R・マドリー対バルセロナ 至高の戦い「クラシコ」を番記者がポイント展望

カテゴリ:メガクラブ

パブロ・ポロ、ルイス・マルティン

2014年10月24日

今シーズン最高の状態だ――R・マドリー番記者

勝利の凱歌を上げるのは、R・マドリーのロナウドか、バルサのメッシか――。 (C) Getty Images

画像を見る

 レアル・マドリーとバルセロナが激突する「クラシコ」が、いよいよ10月25日(土)に迫った。
 
 通算229回目(リーグ戦では169回目)となる今回のクラシコでは、どんなドラマが繰り広げられるのか――。
 
 スペインのみならず、全世界のサッカーファンが注目する至高の戦いを、R・マドリーとバルセロナの各番記者が双方向から展望する。
 
 R・マドリー番は、スペイン最大のスポーツ紙『マルカ』のパブロ・ポロ記者。バルセロナ番は、一般紙『エル・パイス』でスペイン代表番も務めるルイス・マルティン記者だ。
 
クラシコ通算成績
R・マドリー:91勝(リーグ戦70勝)
バルセロナ:89勝(リーグ戦66勝)
引き分け:48(リーグ戦32)
 
――◆――◆――
 
1)どんなチーム状態でクラシコを迎える?
 
R・マドリー番記者
 今シーズン最高の状態で迎える。4節から5連勝中で、その間計25得点と、結果に内容も伴っている。前線のタレントの活躍ぶりが素晴らしい。
 
バルセロナ番記者
 チーム状態は上向きだ。ワールドカップでの噛みつき事件による出場停止処分が明け、ルイス・スアレスが戻ってくる。絶好調のリオネル・メッシとネイマールに、このウルグアイ代表FWがどうフィットするか。スアレスは練習で軽快な動きを見せ、好調ぶりをアピールしている。
 
2)クラシコでは誰がキーマンに?
 
R・マドリー番記者
 クリスチアーノ(ロナウド)だ。フィジカルコンディションもよく、選手として成熟の極みに達しつつある。
 
バルセロナ番記者
 鍵を握るのはいつも通りメッシだ。サンチャゴ・ベルナベウではここ10年、つねに何かを起こしてきた。敵地ではあっても、メッシにとっては得意なスタジアムだ。
 
3)ズバリ、クラシコに勝てる?
 
R・マドリー番記者
 マドリーが勝つ。なぜなら、まずホームであること。そしてチームの完成度が、新監督を迎え、メッシとネイマールに依存してばかりのバルサよりも上だからだ。
 
バルセロナ番記者
 勝つ可能性はある。ルイス・エンリケが監督になり、ベンチに座っていることが大きく影響するのではないか。
 
4)あなたのとっておきのクラシコの想い出は?
 
R・マドリー番記者
 記憶に残る試合がふたつある。ひとつは、ホルヘ・バルダーノが(監督として)ベルナベウのベンチにいた時の5-0(1995年1月7日)。あれはマドリーにとって意味のある試合だった。まったく同じスコアでカンプ・ノウ(バルサの本拠地)で敗れた前シーズンの仕返しができたし、ミカエル・ラウドルップがマドリーの選手としてプレーした初めてのクラシコでもあったからだ。
 もうひとつは、チャンピオンズ・リーグの準決勝で実現した2001-02シーズンの一戦、カンプ・ノウでの第1レグ。ジネディーヌ・ジダンが、バルサGKロベルト・ボナーノの前でオーバーヘッドを決めた試合だ。
 
バルセロナ番記者
 バルサの選手が、シーズン優勝を決めたマドリーにパシージョをした(花道を作って入場する選手を迎えた)2008年5月の試合、0-5で敗れた95年の試合(前述)、そして6-2で勝った09年5月の試合。この3つのクラシコがとくに思い出深い。クラシコはフットボールそのもの。それは2強の歴史でもあり、世界がそれを注目している。
 
5)あなたにとってクラシコとは?
 
R・マドリー番記者
 クラブレベルでは世界最高の試合。すべての要素がそこに詰まっている。世界最高の2つのクラブの対決。長い歴史を通じて醸成されたライバル関係。マドリーはバルサという存在がなければマドリーではないし、逆も同じだ。
 
バルセロナ番記者
 クラシコはフットボールの祝祭だ。毎年、最高の選手たちがベルナベウとカンプ・ノウで相まみえる。人々はその90分間について、試合前、試合中、試合後の朝になるまでレストランやバールで話しつづける。スペイン人にとって、人生に欠かせないものなのだ。
 
【レアル・マドリー番記者】
Pablo POLO|MARCA
パブロ・ポロ/マルカ
スペイン最大のスポーツ紙『マルカ』でレアル・マドリー番を務める敏腕記者。フランス語を操り、フランスやアフリカ系の選手とも親密な関係を築いている。アトレティコ番の経験もあり、首都の2大クラブに明るい。
 
【バルセロナ番記者】
Luis MARTIN|El Pais
ルイス・マルティン/エル・パイス
スペインの一般紙『エル・パイス』のバルセロナ番とスペイン代表番を務めるエース記者。バルサの御用新聞とも言えるスポーツ紙『スポルト』の出身で、シャビ、V・バルデス、ピケらと親交が厚く、グアルディオラ(現バイエルン監督)は20年来の親友だ。
 
【翻訳】
豊福晋
【関連記事】
欧州トップ15クラブの最新スタイル【R・マドリー】シャビ・アロンソ退団の影響はむしろ守備面に
欧州トップ15クラブの最新スタイル【バルセロナ】最終ラインの構造変化と中盤のダイナミズム
年間100ゴールも!? C・ロナウド、驚異的なゴールラッシュの理由とは
「神」の隣にいた10年――リーガ最多得点記録に迫るメッシ【バルセロナ番記者】
イスコとイジャラメンディ 「スペイン化」の象徴のいま【マドリー番記者】
別次元の融合体へ――ネイマール&メッシがこの先バルセロナで見せるものとは
開幕3戦で2敗を喫したシーズンはリーガで優勝できない――ジンクス破りに挑むレアル・マドリー

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ