欧州トップ15クラブの最新スタイル【バルセロナ】最終ラインの構造変化と中盤のダイナミズム

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2014年10月21日

縦方向のロングフィードやサイドチェンジもレパートリーに。

 ポゼッションをベースとした攻撃的なスタイルは、指揮官がL・エンリケに代わったいまも変わらない。メッシを偽の9番として前線の中央に置く4-3-3システムが引き続き採用され、ボールを失った際にハイプレスをかけ、最短時間でのボール奪回をめざすという守備戦術も踏襲されている。
 
 それでも変化した部分はいくつかある。マテューを加えた最終ラインはそのひとつで、かつてはCBがサイドに大きく開き、中央部分をブスケッツがケアするという形が取られていたが、現在は敵のカウンターを警戒してSBを最終ラインに残しているため、CBがエリアの幅以上に開くケースはほぼ見られなくなった。リーガ・エスパニョーラ7節を終えて無失点という結果は、こうした最終ラインの構造の変化と無関係ではないだろう。
 
 また、縦方向へのロングフィードやサイドチェンジ、あるいはクロスといったグアルディオラ政権下ではほとんど見られなかったプレーも、現在はレパートリーに組み込まれており、さらに、広範囲をカバーするラキティッチの加入でダイナミックな展開が増えている。
 
(ワールドサッカーダイジェスト2014.11.6号より)

広範囲をカバーするこのラキティッチの加入で、ダイナミックな展開が増えている。 (C) Getty Images

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ