ブンデス優勝争いの決着は最終節へ! 最後に笑うのは屈強バイエルンか、諦めないドルトムントか?【現地発】

カテゴリ:連載・コラム

中野吉之伴

2019年05月18日

優勝を賭けた決戦は最終節へ

追うファーブル(左)と逃げ切りたいコバチ(右)。果たして、優勝の行方は。 (C) Getty Images

画像を見る

 最後のカウントダウンだ。ブンデスリーガ最終節、バイエルンとドルトムントは優勝をかけてそれぞれフランクフルト、ボルシアMGとの一戦に臨む。

 10年あまり、ブンデスリーガで最後まで緊張感が続くシーズンがなかった。ここ最近はバイエルンの独走優勝が6季も続き、ファンは自クラブの結果にだけ一喜一憂するばかりだった。口では「若手選手が育ってきている」「面白い指導者が出てきている」「チャンピオンズ・リーグ(CL)、ヨーロッパリーグ、それに残留争いは熾烈だよ」とそれなりの楽しみを見出してはいたが、誰もがスリリングな優勝争いを待ち望んでいたのだ。

 今季は第33節終了時、首位バイエルンにドルトムントが勝ち点2ポイント差で食いついている。最終節の34節まで優勝の行方が決まっていないのは、実に08-09シーズン以来のこと。久しぶりのドキドキ感にドイツのサッカーファンはこれまでにない盛り上がりをみせている。

 最終節で、どちらも難敵と対戦するという構図が、第三者からすればなんとも興味深い。バイエルンはホームにELベスト4進出のフランクフルトを迎え、ドルトムントはホームにめっぽう強いボルシアMGに乗り込まなければならない。フランクフルトもボルシアMGもCL出場権獲得に向け、是が非でも勝利が必要な状況だ。

 とはいえ過去の統計を見ると最終節でそれまで首位だったクラブが、優勝を逃した例は過去たった5件しかない。最後まで優勝の可能性があるとはいえ、立場的に厳しいのは誰もが理解しているところだ。

 それでも、ドルトムントはまだ優勝をあきらめてはいない。試合前の記者会見でリュシアン・ファーブル監督は「タイトルの行方はまだ決まっていない」とバイエルンに宣戦布告すると、スポーツディレクターのミヒャエル・ツォルクも「こちらが先にゴールを決めて、すぐ相手にプレッシャーをかけたい」とけん制。代表取締役ハンスヨアヒム・バッツケはすでに優勝祝賀会の準備を進めており、あらゆるものを自分たちの力に変えようとしている。

「状況として我々にプレッシャーはない。バイエルンはすべてを失う可能性があるが、我々にはすべてを勝ち取るチャンスがあるわけだ。プレッシャーは南へと押し寄せていく」(バッツケ代表取締役)

 いずれにしてもまず、ドルトムントはボルシアMGに勝たなければならない。すべてはそれからだ。

「(対戦するボルシアMGは)彼らはカウンターが得意だ。だが彼らにしても勝たなければならないという状況だ。それだけに様々なバリエーションに備えていなければならない。我々がトップゲームをすることができるかが肝心だ」とファーブルは警戒心を強めていた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月5日発売
    欧州サッカーの1年を凝縮!
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の保存版をお届け
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月27日号
    6月13日発売
    久保建英は欧州へ旅立つ?
    「夏の㊙移籍ファイル」
    テーマ別に総チェック!
    大宮&大分特集も必見
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月6日発売
    欧州強豪の思惑は?
    夏の移籍マーケット最前線
    コパ・アメリカ選手名鑑に
    マンC特別付録も必見!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ