【J1採点&寸評】C大阪3-0横浜|C大阪が「無敗記録」を継続!水沼以外にも高評価がズラリ

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェストWeb)

2019年05月11日

C大阪――水沼が2ゴール・1アシストと躍動

【警告】C大阪=なし 横浜=喜田(17分)
【退場】C大阪=なし 横浜=なし
【MAN OF THE MATCH】水沼宏太(C大阪)

画像を見る

[J1リーグ11節]C大阪3-0横浜/5月11日/ヤンマースタジアム長居
 
【チーム採点・寸評】
C大阪 7.5
最終ラインと中盤で自陣に堅い守備ブロックを築いて横浜のアタックを阻止すると、B・メンデスを中心にダイナミックな攻撃で得点を重ねた。攻守にそつのない戦いぶりで、対横浜戦の公式戦無敗記録を「13」に伸ばした。
 
【C大阪|採点・寸評】
GK
21 キム・ジンヒョン 6
危ないシーンはほとんどなく、長い時間を平穏に過ごす。83分の扇原のミドルシュートも冷静に防ぎ、リーグ3試合連続で無失点に抑え切った。
 
DF
2 松田 陸 6.5
攻守に走り回った。対面の遠藤にスピードに乗らせずにシャットアウトすれば、エリア内に侵入した26分のドリブルなど果敢なオーバーラップも見せた。
 
14 丸橋祐介 6.5
仲川のスピードによくついていき、決定的な仕事をさせなかった。チーム全体の守備が最後まで崩れなかったのは、サイドでの奮闘があったからこそ。
 
15 瀬古歩夢 6.5
リーグ2試合連続先発出場。カウンターからピンチを招く原因となった37分のパスミスはいただけないが、それ以外では冷静に振る舞いクリーンシートに貢献した。
 
22 マテイ・ヨニッチ 6.5
地上戦でも空中戦でも存在感を発揮。エリア内への相手の侵入を、身体を張って防ぎ、クロスをことごとく撥ね返し続けた。
 
MF
5 藤田直之 6.5
局面に応じた的確なポジショニングがキラリと光る。こぼれ球を素早く処理し、相手に流れを明け渡さなかった。
 
MAN OF THE MATCH
7 水沼宏太 8(90+3分OUT)
開始わずか2分で先制ゴールを奪取すると、後半には高木のゴールをクロスでアシストし、さらにダメ押しの3点目まで奪う大活躍。2ゴール・1アシストでリーグ戦連勝の立役者となった。
 
10 清武弘嗣 6(79分OUT)
決定的な仕事はできなかったものの、スムーズなパスワークを展開。随所で見せる高度なテクニックも素晴らしかった。
 
25 奥埜博亮 7
自陣から敵陣奥深くまで長駆して攻撃を活性化させるだけでなく、果敢なインターセプトでピンチの芽を摘んだ。陰の功労者だ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月13日号
    5月23日発売
    2019年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    中盤戦「必勝プラン」
    浦和ダイジェストも必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月16日発売
    WSD恒例企画
    2018-2019シーズン
    「BEST PLAYER」
    マンC優勝記念ポスターも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ