「ちょっとした衝突があったが…」モウリーニョ、マドリーで確執関係にあったカシージャスの容態を心配

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年05月04日

ポルト指揮官はカシージャスの復帰に明言を避ける

マドリー時代には確執関係にあったモウリーニョ(右)とカシージャス(左)。しかし、今はそうしたいがみ合うことはないようだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間5月1日、ポルトに所属する元スペイン代表GKのイケル・カシージャスは、練習中に急性心筋梗塞で倒れた。名手を襲った突然の出来事に、サッカー界全体が驚き、その容体を心配した。

 それは、かつてレアル・マドリーでカシージャスと対立した元監督のジョゼ・モウリーニョも同じだ。

 スペイン紙『Marca』によると、かつてポルトを率いた経験も持つモウリーニョは、ロシアのニュース専門局『Russia Today』の取材で、「気の毒なことだ。知らせを聞いて、私はすぐにポルトに連絡したよ」と明かした。

「ポルトのメディカル部門はファンタスティックなんだ。私が仕事をしてきた中でも有数だよ」

 マドリーでのモウリーニョのラストイヤーとなった2012-13シーズン、両者の間に確執が生じたのは周知のとおり。クラブ内での立場が微妙になったカシージャスは2015年夏にポルトへ移籍した。
 
 当時のことを回想したモウリーニョは、「私がある時に彼を外そうと決めたのはみんなが知っていることだ。ちょっとした衝突があった。エゴじゃない。レアル・マドリーのキャプテンと指揮官がぶつかったということだ」と、カシージャスと確執があったことを認めている。

 そのうえで、ポルトガル人指揮官は、「簡単な決断ではなかった。彼にとっても受け入れるのは簡単なことじゃなかった」ともコメント。さらに現在はカシージャスとの関係が悪くないことを強調した。

「良好だよ。周囲のみんなが思っているようなものではないんだ」

 現在37歳のカシージャスが今後も現役を続けられるかについては、様々な報道が飛び交っている。ポルトを率いるセルジオ・コンセイソン監督は、「サッカーは人生の一部だ。だが、人生そのものはほかの何よりも重要だ」と述べるにとどまり、明言を避けている。

 マドリー時代の数々の栄光、そしてスペイン代表でのワールドカップ初戴冠やEURO連覇など、サッカーの歴史に名を残した名守護神は、このままグローブを脱ぐことになるのか。続報が待たれる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ