アザールがチェルシーの新ユニ発表に登場で一部ファンは残留を確信! 英紙はマドリー移籍合意報道も…

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年05月03日

新ユニをお披露目する場に渦中の大黒柱が

スタンフォード・ブリッジで撮影されたチェルシーの新ユニ発表会に登場したアザール。その表情は実に勇ましい。 (C) NIKE

画像を見る

 現地時間5月2日、チェルシーは来シーズンに向けて、新ユニホームを公開した。

 今回の発表されたユニホームは、1905年にスタンフォード・ブリッジを本拠地にして以降、長きに渡って刻んできたクラブ史をイメージ。クラブカラーである青をベースに、ホームスタジアムを大胆に模様としてデザインしているのが特徴だ。

 そんな新キッドのお披露目リリースに登場したのが、チェルシーの大黒柱エデン・アザールだ。

 スタンフォード・ブリッジでの撮影にフランス代表MFのエヌゴロ・カンテとウェールズ代表DFイーサン・アムパドゥとともに登場した背番号10は、勇ましい顔つきで真新しいホームユニホームに袖を通している。

 さらにアザールは、クラブの公式サイトで次のように語っている。

「スタンフォード・ブリッジにはたくさんの思い出がある。象徴的なこのスタジアムを、ユニホームを通して感じられるのはいいことだね」
 
 アザールと言えば、今シーズン終了後にスペインの強豪レアル・マドリーへの移籍が取り沙汰されている。

 それだけに、クラブがエースの留意に成功したと考えるサポーターも少なくなかったようだ。チェルシーのSNSには、新ユニホームのデザインに関するコメント以上に次のようなメッセージが相次いだ。

「アザールは残るのか」
「来年もチームにいるということだね」
「残留の公式リリースはまだか?」
「俺たちのアザールの残留発表だろ! これ」

 来シーズンから本格的に着用される新ユニホームに渦中のエースが袖を通している以上、ファンが残留を期待するのも無理はない。だが、実際は、アザール本人も熱望するマドリーへの移籍が進行中のようだ。

 英紙『Daily Mail』は、チェルシーとマドリーはすでにアザールの獲得に関して合意済みで、ブルーズ(チェルシーの愛称)が、ヨーロッパリーグでファイナルへ進出できなかった場合、早ければ、今月12日にも公式な発表をする予定であると報じた。

 同紙によれば、アザールとチェルシーの現行契約は2020年6月までとなっているため、マドリーは1億2000万ポンド(約168億円)という高額の移籍金を支払うことになるという。

 こうした情報からアザールのチェルシー残留の可能性は低いと見る動きは強まっているが、ベルギー代表の至宝はいかなる決断を下すのか――。その時が刻一刻と迫っている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ