エスパルス公式SNSも疑惑判定シーンに言及! サポーターからは「意見書を出せ」の声も

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年05月03日

「ゴールラインを割ったかのように見えたが ノーゴールの判定」と物議を醸したシーンに言及

中村のFKはゴールと認められず、クラブ公式ツイッターもこれに反応した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 5月3日に行なわれたJ1リーグ10節の鹿島アントラーズ対清水エスパルス戦での疑惑の判定に対して、波紋が広がっている。清水のクラブ公式ツイッターが対象のシーンについて言及。サポーターからの大きな反響が見られている。


 疑惑の判定は開始3分、清水が得たペナルティエリア手前のFKのシーンだ。キッカーの中村慶太のシュートはニアサイドを突き、GKクォン・スンテがかき出すもゴールラインを割ったかに見えた。しかし判定はノーゴールとなり、清水の選手が審判団に詰め寄るも、判定は覆ることはなかった。

 この場面について、清水の公式ツイッターは、ピックアップクリップと題して紹介。「中村の直接FK ゴールラインを割ったかのように見えたが ノーゴールの判定」との一文と、実際のFKの映像を投稿した。
 
 このツイートに対して、サポーターからの反応も続々と届いている。とりわけ、「これは意見書は絶対に出すべきです、お願いします」「意見書出してくださいね 清水以外でも今シーズン審判団ひどすぎますよJリーグ」「抗議しますの?しませんの?」といった、判定に対する抗議を求める声が多い。

 清水は、このシーンの後の10分に、カウンターから先制点を許しているだけに、「この得点が認められていたら違った形でゲームを進められていたかもしれない」(ヤン・ヨンソン監督)との想いを抱いてしまうのも無理はないだろう。

 5月3日に行なわれたJ1の4試合では、他にも疑惑の判定が物議を醸している試合があり、令和最初のJリーグは波乱の幕開けとなっている。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月5日発売
    欧州サッカーの1年を凝縮!
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の保存版をお届け
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月27日号
    6月13日発売
    久保建英は欧州へ旅立つ?
    「夏の㊙移籍ファイル」
    テーマ別に総チェック!
    大宮&大分特集も必見
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月19日発売
    2019-2020シーズンは
    この布陣で戦え!
    メガ14クラブ「最強モデル」
    第2特集は“リバプールに学べ”
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ