敵サポーターも認める大誤審!? 清水・中村慶太の幻のFK弾に「ごめん、入ってる by鹿島サポ」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年05月03日

幻のFK弾直後に鹿島の先制ゴールが生まれる…

開始9分に清水の中村が放った直接FKはゴールラインを割ったかに見えたが、ノーゴールの判定に。

画像を見る

 J1リーグは5月3日、10節の4試合を開催。県立カシマサッカースタジアムでは、鹿島アントラーズ対清水エスパルスの一戦が行なわれ、立ち上がりのひとつの判定がサポーターらの疑念を生み出している。


 試合は序盤に動きを見せた。開始3分、清水はペナルティエリア左手前でFKを獲得。これをキッカーの中村慶太が直接狙う。ニアサイドを突いたシュートは、GKクォン・スンテがかき出すも、ゴールラインを割ったかに見えた。しかし、主審の判定はノーゴール。清水の選手は副審に確認を取るも、判定は覆らなかった。

 すると、その7分後の10分だ。鹿島は左サイドから古巣対決となる白崎凌兵がドリブルで仕掛け、クロスを入れると、そのこぼれ球を土居聖真が右足で蹴り込み、鹿島が先制。1点のリードを奪った。

 この一連の攻防で、明暗が分かれる形となったが、中村のFKを巡る判定には、鹿島サポーターからもSNSで同情の声が上がっている。
「鹿島ファンだけどこれは入ってる(`・ω・´)清水さんに申し訳ない」「入ってるけどな!!」「ごめん、入ってる。 by鹿サポ」「完全にゴールですね」

 中継のリプレーでは、ゴールラインレベルで確認することはできなかったが、クォン・スンテがボールをかき出したい位置から見て、ボールは限りなくゴールインしたように見える。

 試合は、後半に2点を追加した鹿島が3対0で勝利を収めた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【鹿島3-0清水PHOTO】盤石な試合運びを見せ快勝した鹿島!決勝点を決めたのは・・・?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ