清水指揮官、疑惑の判定に批判なく冷静な対応「入っていたように思うが…」「好機を決め切れなかったのも事実」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年05月03日

判定について多くは語らず、紳士的な対応

疑惑の判定に対して、冷静な態度を見せたヤン・ヨンソン監督。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ10節]鹿島3-0清水/5月3日/カシマ

 ゲームを左右した不利な判定にも不満は語らなかった。


 J1リーグ10節の鹿島アントラーズ対清水エスパルスの一戦、序盤の3分に疑惑の判定が生まれた。清水が得た敵陣ペナルティエリア手前でのFK。キッカーの中村慶太の放った一撃は、ニアサイドを突き、GKクォン・スンテがかき出す前にゴールラインを割ったかに見えた。しかし判定はノーゴールに。清水の選手が審判団に詰め寄るも、判定は覆らなかった。清水はこの直後に失点し、後半にも2点を奪われ、0対3で敗戦を喫した。
 
 まさに、序盤の攻防がゲームの明暗を分ける形となったが、試合後、フラッシュインタビューに応じた清水のヤン・ヨンソン監督は、90分を振り返って次のように語った。
 
「ゲームの入りは非常に良かった。開始早々、我々にセットプレーのチャンスもあって、当然みなさんも映像をご覧になって分かったかと思いますが、ボールは入っていたように思われた。入っていれば、違った形でゲームを進められたように思うが、結果的に終わってみれば3-0と、点差が開いてしまった。内容的に良いプレーをしたと言っても、それだけ失点してしまっているので、言えないと思うが、あそこで点が認められなかったというのは我々にとっては非常に苦しい展開だった。一方でチャンスを決め切れなかったというのもたしかに事実だと思っている」
 
 疑惑の判定に対して、やるせない思いを抱いていることを認めつつも、ヨンソン監督は審判団やその判定に対して、厳しい批判や強い不満は口にしなかった。それ以上に、指揮官として、訪れたチャンスをしっかりモノにできなかったことを悔やんでいるかのようだった。
 
 また、ヨンソン監督は「今日は手強い相手だったが、うちにもチャンスは生まれていた。今後はチャンスをしっかり決めていくということが勝利につながっていくものだと信じている」と、連敗脱出へ決定力アップを課題に挙げた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【鹿島3-0清水PHOTO】盤石な試合運びを見せ快勝した鹿島!決勝点を決めたのは・・・?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月5日発売
    欧州サッカーの1年を凝縮!
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の保存版をお届け
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月27日号
    6月13日発売
    久保建英は欧州へ旅立つ?
    「夏の㊙移籍ファイル」
    テーマ別に総チェック!
    大宮&大分特集も必見
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月19日発売
    2019-2020シーズンは
    この布陣で戦え!
    メガ14クラブ「最強モデル」
    第2特集は“リバプールに学べ”
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ