横浜が仲川輝人のJ1令和初ゴールで開幕以来の連勝!広島は手痛い3連敗

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年05月03日

GKの動きを見極めて冷静に決勝点

好調の仲川は抜群のスピードを活かしてDFを置き去りにし、GKもかわして冷静に先制点を沈めた。写真:徳原隆元

画像を見る

[J1リーグ10節]広島0-1横浜/5月3日(金)/Eスタ
 
 J1リーグ10節のサンフレッチェ広島対横浜F・マリノスが3日、エディオンスタジアム広島で行なわれ、1-0で横浜が勝点3を手にした。
 
 先制点が生まれたのは34分。初めて訪れたビッグチャンスを、横浜が確実にモノにした。マルコス・ジュニオールのスルーパスをエリア内で受けた仲川輝人が、1トラップ後に冷静にGKをかわし、角度のないところから左足シュート。カバーに入ったDFの足を弾いてゴールネットに吸い込まれた。
 
 両チームともメンバーチェンジなしで迎えた後半は、広島が左サイドの柏好文の突破力を生かして圧力をかける。しかし、有効なクロスは少なく、決定機を作れない。そうするうちに、横浜が次の決定機を迎えた。
 
 67分、三好康児が素早いターンで前を向くと、ドリブルで少し持ち運んだ後にエリア内へスルーパスを供給。これを受けた仲川が切り返してシュートを放つ。DFのブロックにあってゴールにはならなかったが、三好のパスセンスと仲川のスピードが噛み合った鋭い攻撃だった。

 ビハインドを背負った広島はその後、立て続けの選手交代で流れを引き寄せにかかる。69分の松本泰志の投入を皮切りに、71分にハイネル、74分にパトリックと攻撃の札を切った。75分には横浜のビルドアップのミスを突いてあわや同点かという場面を作ったが、相手DF畠中槙之輔の好守に阻まれてゴールはならない。
 
 対する横浜は79分に3枚目のカードとして三好に代えて守備力の高い扇原貴宏を投入し、中盤のバランスを整えた。
 
 終盤はややオープンな展開になって局面での1対1が増え、82分には広島の渡大生がドリブル突破でエリア内に侵入し、右足で狙ったが枠外へ。84分の稲垣祥のミドルも上へ外れた。
 
 終盤はややオープンな展開になって局面での1対1が増え、82分には広島の渡大生がドリブル突破でエリア内に侵入し、右足で狙ったが枠外へ。84分の稲垣祥のミドルも上へ外れた。さらに、アディショナルタイムには、川辺駿が決定的なヘディングシュートを放ったが、GK朴一圭のファインセーブに阻まれてしまう。
 
 結局、そのまま1-0で試合は終了。横浜が仲川のJ1令和初ゴールを生かして勝ちきった。横浜は今季2度目の連勝。一方の広島は、今季初の3連敗を喫している。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ