「誰もがっかりしないことを…」本田圭佑が今季限りのメルボルン・V退団を示唆、クラブ側は延長希望? 現地メディアが報じる

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年05月03日

1年契約を満了し退団か?

今シーズンは故障のため戦列を離れていた時期もあった本田。それでもクラブは慰留をする方針のようだ。(C) Getty Images

画像を見る

 オーストラリアのAリーグ、メルボルン・ビクトリーでプレーする元日本代表MF本田圭佑が、シーズン終了後の去就について言及した。スポーツ専門チャンネル『Fox Sports』オーストラリア版が報じている。

 本田は昨夏、サラリーキャップ制を導入しているリーグで、年俸の上限を設けない特別措置であるマーキープレーヤーとして認められ、メルボルン・Vに加入した。

 Fox Sportsの取材に対して、本田は「来季、どこでプレーするかは決めていない。けれど、最初から1年契約というのは公表していたし、みんなわかっていたことだと思う。誰も驚かず、がっかりしないことを願っている」とコメントした。

 現在、カンボジア代表の実質的な監督を務めつつ、選手としてもプレーをするという前代未聞のスタイルで現役生活を続けている本田。今シーズンはハムストリングの故障もあり、リーグ戦の出場は18試合にとどまった。うち先発出場は16試合で、これまで7ゴール・5アシストを記録している。

 同メディアは本田の”退団”について、クラブ側は引き止める意志があると報じている。

「クラブは、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の残り2試合に本田が出場し、アジア制覇という“約束”を果たすことを期待している。メルボルン・Vの指揮官ケビン・マスカットは、公の場で本田の将来について度々コメントを求められたが、シーズン終了後に話すべきことだとコメントを拒否している。クラブ側は契約延長を求める意志があるようだ」

 メルボルン・Vは、今季は3位でレギュラーシーズンを終えている。3日からは、上位6チームで行われるファイナルシーズンがスタート。ホームでウェリントン・フェニックスと対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ