番記者が選ぶ、平成の清水エスパルスベスト11! 岡崎慎司、澤登正朗、市川大祐…代表選手が多すぎて選外のメンバーも豪華

カテゴリ:Jリーグ

前島芳雄

2019年05月01日

前島氏が選出した平成の清水ベスト11

画像を見る

【ベスト11選出理由】
 選考の優先順位は①実績&貢献度、②実力&インパクト、③代表での活躍。GKシジマール、右SB堀池、ボランチの戸田とサントス、そしてFWのチョ・ジェジンなども捨てがたかった。
 
【清水エスパルスの平成史】
 91年に産声を上げたエスパルスは、創設当初から清水三羽烏(長谷川健太、大榎克己、堀池巧)や三浦泰年、澤登正朗など地元出身の日本代表クラスを揃え、潤沢な戦力を誇っていた。事実、92年のナビスコカップで準優勝を飾ると、翌年からスタートしたJリーグでも優勝争いを演じている。
 

 黄金期を迎えるのは、96年にオズワルド・アルディレスが監督に就任してからだ。同年のナビスコパップを制して初タイトルを手に入れただけでなく、伊東輝悦ら若手も順調に成長。97年の経営危機を乗り越えたチームは、ヘッドコーチから昇格したスティーブ・ぺリマン監督の下、99年のJリーグ第2ステージを制覇する。チャンピオンシップでは磐田にPK戦の末に敗れたものの、年間勝点では堂々のトップだった。
 
 しかし、2000年代諸島は世代交代が上手く進まずに低迷。長谷川監督が指揮を通った05年からの6年間はおおむね上位をキープするなど安定飛行を続けたが、このOB監督が去った11年以降は再び下降線を辿り、15年には初のJ2降格も味わっている。
 
 それでも、日本代表入りを果たした北川航也を筆頭に、J2での1年間を経て若手が台頭。徐々に復活の兆しを見せている。
 
文●前島芳雄(スポーツライター)
 
『サッカーダイジェスト』5月9日号(4月25日発売)では、Jリーグ厳選20クラブの平成30年史を特集。番記者が選んだ「平成ベストイレブン」のほか「平成5大ニュース」「名勝負ベスト3」などをお届け。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月28日号
    11月14日発売
    冬の移籍マーケット
    Jリーガー、欧州組etc
    注目株30人の
    「去就大予測」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月21日発売
    課題はこれで解決!
    欧州ビッグクラブ
    「冬の改造プラン」
    FOOTISTAシリアルコード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ