番記者が選ぶ、平成の東京ヴェルディベスト11! 黄金期のメンバーを中心に、前線はエジムンド、フッキのセレソンコンビも

カテゴリ:Jリーグ

海江田哲朗

2019年04月30日

Jリーグ初期はオールスター軍団として栄華を極めた

海江田氏が選出した平成の東京Vベスト11

画像を見る

【ベスト11選出理由】
 数々のタイトルを獲得した黄金期のメンバーが中心となった。前線のエジムンド、フッキのセレソンコンビは爆発的な得点力を誇る。最終ラインには苦しい時期を支えた服部、土屋を推す。
 
【東京ヴェルディの平成史】
 93年にJリーグ初代王者に輝き、翌シーズンには連覇を達成。三浦知良、ラモス瑠偉、武田修宏、北澤豪、柱谷哲二ら、各ポジションに日本代表を擁す、オールスター軍団として栄華を極めた。
 

 しかし、90年代後期は成績、人気ともに低迷し、01年にはホームタウンを川崎から東京に移転。心機一転巻き返しを図り、05年元日の天皇杯で8年ぶりのタイトルを獲得して新時代の幕開けを予感させたが、そのシーズンにクラブ史上初めてJ2に降格してしまうのだ。
 
 3年ぶりにJ1の舞台に戻ってきた08年も振るわず、1シーズンで再び転落。以降、経営危機に揺れ、クラブの存続が危ぶまれる時期もあった。ただ、東京Vにとっての救いは、優秀な育成組織を持っていた点にある。アカデミー出身選手を中心にチームを編成し、徐々にチーム力を高めていく方向に転換していった。
 
 17年、クラブ史上初のスペイン人指揮官、ロティーナ監督を招聘し、そこから2年続けてJ1参入プレーオフに進出。18年シーズンは磐田との決定戦まで勝ち上がり、11年ぶりのJ1復帰に肉薄したが、敢えなく敗北して宿願を果たせなかった。
 
文●海江田哲朗(フリーライター)
 
『サッカーダイジェスト』5月9日号(4月25日発売)では、Jリーグ厳選20クラブの平成30年史を特集。番記者が選んだ「平成ベストイレブン」のほか「平成5大ニュース」「名勝負ベスト3」などをお届け。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ