編集部が選ぶ、平成の松本山雅FCベスト11!熱き山雅の系譜――松田、田中隼、飯田ら印象深い選手たちをセレクト

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2019年04月30日

09年にJFLに昇格すると、わずか6年間で3つのカテゴリーを駆け上がる

SD編集部が選出した平成の松本ベスト11。

画像を見る

【ベスト11選出理由】
 純粋な「強さ」は現チームのメンバーが一番だろうが、その時々で鮮烈な印象を残した選手たちをセレクトした。本当なら、これまでにクラブに在籍した選手全員に勲章を捧げたいところだ。
 
【松本山雅FCの平成史】
 平成中期から後期にかけて目覚ましい成長を遂げ、いまなお右肩上がりの成長曲線を描いている。

 02年日韓ワールドカップで松本市がパラグアイ代表のキャンプ地になったことなどからサッカー熱が高まり、地元からJリーグのクラブを輩出しようという動きが活発化。65年創設の「山雅クラブ」(当時)がその受け皿となり、04年にNPO法人「アルウィンスポーツプロジェクト」が設立された。
 
 05年には、チーム名を「松本山雅FC」へと変更。チームは着実に力をつけ、09年に北信越リーグ1部からJFLに昇格すると、わずか6年間で3つのカテゴリーを駆け上がり、15年にJ1に初参戦する。しかし、この時はJ1の壁に跳ね返されて(16位)1年で降格し、再びJ2に戦いの舞台を移した翌16年は、84の勝点を積み上げながら3位で昇格プレーオフに回り、準決勝で岡山に敗れた。
 
 悲願だった初優勝とJ1再昇格を実現したのが、その2年後の18年。今年は4年ぶりにJ1の舞台で戦い、ここまでまずまずの位置につけている。6節にはイニエスタ、ビジャらを擁する神戸を相手に歴史的勝利を飾った。
 
構成●サッカーダイジェスト編集部
 
『サッカーダイジェスト』5月9日号(4月25日発売)では、Jリーグ厳選20クラブの平成30年史を特集。番記者が選んだ「平成ベストイレブン」のほか「平成5大ニュース」「名勝負ベスト3」などをお届け。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ