驚異のビッグセーブ! 名古屋の守護神ランゲラックはなぜ絶体絶命のピンチを防げたのか?

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2019年04月29日

前半アディショナルタイムにもピンチを防ぐ

カメラに向かってポーズをしてくれたランゲラック。勝利の立役者になった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ9節]名古屋1-0広島/4月28日/豊田ス
 
 名古屋が広島に1-0で競り勝った一戦で、決勝弾の前田直輝以上に存在感を示したのが、名古屋の頼れる守護神ランゲラックだった。
 
 前節の磐田戦は、7節の横浜戦で脳震盪を起こし途中交代した影響で「100㌫の状態ではなかった」と欠場。もっとも広島戦では病み上がりとは思えない、素晴らしいパフォーマンスを見せ付けた。
 
 まずピンチを防いだのは前半アディショナルタイム。セットプレーの流れからチームはカウンターを受け、左サイドを抜け出された川辺駿にグラウンダーのクロスを送られる。中央の相手選手に合えば1点ものというシーンで、このクロスをギリギリでクリアしたのがランゲラックだった。
 
 さらに73分には絶体絶命のピンチを防いでみせた。広島の渡大生の左からのクロスに中央で柏好文にヘッドで合わされ、山なりにゴール右へ飛んだシュートは一瞬決まったかに思われた。しかし、右手を必死に伸ばしたランゲラックが凌いで見せたのだ。
 
 持ち前の瞬発力とバネのような肉体をフル活用したプレーに感じられたが、件のシーンを本人に振ると、スマートに笑顔を作りながら、事もなげに振り返ってくれた。
 
「あのシーンは難しいものではなかったです。それはなぜかというと、毎日のようにああいうシュートを受けているからです。だから自然に身体が動きました。正直言うと、あのセーブだけではなく、ゴールの隅にボールがきたり、もっと難しいシーンもありました。だから繰り返しになりますが、あれは本当にナチュラルなセーブでした。いつも練習でやっているプレーを示せただけなんです」
 
 もっとも本人が言うほど簡単なセービングでないことは、周知の事実だ。ただ、元ブラジル代表FWジョーや、テクニシャンのガブリエル・シャビエル、チーム一、二のシュート精度を誇る赤﨑秀平らと毎日、対峙しているからこそ、難しいシュートに対する“免疫”が付いているのだろう。周囲が驚くようなビッグセーブも本人のなかでは当たり前のものになっているようだ。

【名古屋 1-0 広島 PHOTO】堅守広島のゴールを前田が抉じ開ける!上位直接対決を制した名古屋が堂々2位浮上!!

【名古屋グランパスPHOTO】上位対決を制し、笑顔溢れるグランパスイレブン!!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月13日号
    7月22日発売
    2020年シーズン更新版
    J1&J2全40クラブ
    最新戦術ガイドブック
    攻守のメカニズムを徹底分析!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ