吉田新監督が再登板の神戸、川崎に1-2で敗戦… イニエスタの奮闘も実らず

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年04月28日

イニエスタは時折技術を見せるも見せ場は少なく…

川崎の大島と神戸のイニエスタがマッチアップ。写真:徳原隆元

画像を見る

 J1リーグは4月28日、各地で9節の8試合を開催。ノエビアスタジアム神戸では、ヴィッセル神戸対川崎フロンターレの一戦が行なわれ、川崎が2対1で勝利を収めた。

 互いに緻密なパスワークをベースにする両チームの激突は、ともに持ち味を発揮してポゼッションでは互角の展開。神戸は元スペイン代表の“魔術師”アンドレス・イニエスタを軸にテンポの良いパス回しを見せ、一方の川崎もボランチの大島僚太や前線の知念慶、小林悠を中心に流れるようなパスワークでゴールに迫る。

 ともに主導権を掴み切れないなかで、先手を奪ったのはアウェーの川崎だった。15分、川崎はペナルティエリア手前、やや右寄りの位置でFKを得る。これをキッカーの馬渡和彰が直接沈め、川崎が先制。馬渡の今季初ゴールで川崎が1点をリードする。

 これで勢いに乗った川崎はさらに37分、カウンターから齋藤学がドリブルで持ち上がり、タイミングよく前線の知念にスルーパスを供給。知念の左足のシュートはGKキム・スンギュに阻まれるが、こぼれ球に詰めた小林が左足で押し込んで、ネットを揺らした。川崎が小林の今季リーグ戦初ゴールで、神戸を突き放す。

 2点のビハインドを負った神戸は後半、やはりイニエスタを中心としたパスワークを見せるが、攻撃が単調になりがち。川崎の守備網を破り切れず、攻撃に停滞感が漂う。すると、神戸は57分に小川慶治朗に代えて郷家友太、68分にはセルジ・サンペールに代えて三田啓貴を投入。徐々にペースを手繰り寄せる。

 そして82分、神戸は右サイドを起点に、イニエスタが高精度のクロスを送り込むと、こぼれ球を拾った郷家がつなぎ、最後は古橋亨梧が左足ダイレクトで押し込んだ。神戸が1対2と1点差に迫る。

 神戸はその後も猛攻を見せ、川崎を自陣に押し込む。最終盤にはイニエスタが鮮やかなダブルタッチで魅せ、チャンスメイクで見せ場も作ったが、1点が遠くタイムアップ。結局、川崎が2対1で勝ち切った。フアン・マヌエル・リージョ前監督から、再登板となった吉田孝行新監督にバトンタッチをした神戸は、新体制の初陣を飾れなかった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月5日発売
    己の価値を証明せよ!!
    2019-2020シーズン版
    必見タレントFILE
    夏の大物移籍の舞台裏も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ