【U-18高円宮杯】プレミアリーグが開幕!選手権4強の尚志高が染野のゴラッソ3発で柏に快勝!!

カテゴリ:高校・ユース・その他

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年04月06日

FK、ヘッド、ドリブル&シュート。染野が様々な得点パターンからハット達成!

格の違いを見せた染野。いずれのゴールも難易度の高いゴラッソだった。写真:滝川敏之

画像を見る

 4月6日、高校年代最高峰のU-18高円宮杯プレミアリーグが開幕した。

 20チームが東西に分かれ、ホーム&アウェー方式のリーグ戦で争われる今大会だが、今年も熾烈な戦いが予想されるなか、EASTでは昨冬の高校サッカー選手権で4強入りした尚志が柏U-18を3-0で下した。

 終始、相手に押し込まれる展開になったものの、プロ注目のストライカー・染野唯月(3年)が期待に応える。25分にペナルティエリア手前で得たFKで自らがキッカーに名乗りを挙げると、右足を一閃。「得意なコース」だったと本人が振り返った通り、鮮やかに決めて劣勢のチームに先制点をもたらす。
 
 後半に入っても苦戦を強いられるなか、またしても染野が魅せる。79分に自身のポストプレーを起点に左サイドを菅野稜斗(2年)が駆け上がると、ゴール前にクロスを供給。このボールを驚異的な跳躍力で相手の守備を無効化し、頭でネットを揺らした。こうなると、染野の勢いは止まらない。
 
 85分にはドリブルで持ち込むと、ペナルティエリア手前から右足でフィニッシュ。狙い澄ましたグラウンダーショットで冷静に流し込み、開幕戦でいきなりハットトリックを達成したのだ。

 仲村浩二監督も「エースの染野が仕事をしてくれたので、助かりました」と称賛。染野が圧倒的なパフォーマンスを見せ、尚志は8年ぶりに挑むプレミアリーグで幸先の良いスタートを切った。
 
 そのほかでは磐田U-18が市立船橋を2-1で撃破。後半アディショナルタイムに途中出場の野中悠翔(2年)が池端今汰(2年)のアシストから、値千金の決勝弾を挙げた。
 
 WESTは6日に3試合を実施。昇格組の愛媛U-18が名古屋U-18を2-0で下し、開幕戦を白星で飾った。同じくトップディビジョン復帰を果たした大津はG大阪ユースと1-1のドロー、注目の東福岡はC大阪U-18に2-0で勝利を収めた。
 
 7日はEASTで3試合、WESTで2試合が行なわれる。注目は流経大柏と青森山田の一戦だ。今冬の高校サッカー選手権決勝で相まみえた両者の再戦。前回は後者に軍配が上がったが、果たして今回はどちらが凱歌を上げるのか。今季の高体連を牽引する2チームの対戦から目が離せない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【高円宮杯U-18プレミアEAST PHOTO】柏U-18 0-3 尚志

【高円宮杯U-18プレミアEAST PHOTO】市船1-2磐田U-18 
【関連記事】
Jクラブスカウトが今年の高校サッカー界の注目銘柄を査定!!「大迫勇也を超えるかもしれない」と評価された逸材は?
Jクラブが注目する選手権得点王、FW染野唯月の現在地。尚志指揮官が厳しい言葉を掛ける本当の理由
【U-18高円宮杯】明日開幕のEASTを徹底解剖!戦力充実の清水、注目の選手権覇者・青森山田は…
【U-18高円宮杯】WESTの優勝争い本命は広島!強力なJクラブ勢に対し高体連勢は…
【選手権】来季の飛躍が期待される逸材を厳選!冬の檜舞台で台頭した下級生ベストイレブンを発表!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ