【高円宮杯U-18】青森山田が流経大柏を開幕戦で撃破!EASTの優勝候補・清水は勝利も、WESTでは…

カテゴリ:高校・ユース・その他

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年04月07日

青森山田が快勝!流経大柏は選手権決勝のリベンジならず

後藤(11番)のゴールで先制。以降も手堅い試合運びで、勝利を掴んだ。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 4月7日、U-18高円宮杯プレミアリーグ開幕戦の2日目が行なわれ、EASTでは流経大柏と青森山田の一戦が行なわれた。
 
 両者は昨冬の高校サッカー選手権決勝でも相まみえ、この時は3-1で青森山田が制している。その両者の再戦を見ようと、多くの観衆がAGFフィールドに詰めかけた。
 
 序盤から激しい球際の攻防が展開され、互いに一歩も引かない熱戦が繰り広げられた。その中で先にチャンスを得たのは青森山田。18分にゴール前でFKを獲得すると、武田英寿(3年)が得意の左足で直接ゴールを狙う。惜しくもこれはバーを叩いたが、あわやという場面に会場が沸いた。
 
 この好機を境に青森山田は徐々にリズムを掴むと、32分に相手のミスから後藤健太(3年)が右足で押し込んで先制に成功する。
 
 後半に入ると、流経大柏が反撃。ボランチの八木滉史(3年)を中心に盛り返し、サイドから攻め込んで相手ゴールに迫った。
 
 だが、そうした流れを途中出場の2年生が断ち切る。86分、左サイドから中に斬り込んできた古宿理久(3年)がラストパス。これを受けた古澤ナベル慈宇(2年)が豪快に蹴り込んで勝負を決めた。
 
 2-0で流経大柏を下した青森山田。試合後、黒田剛監督は「先週は風や雨が多く、3日前ぐらいには吹雪の日もあった。なので、リスタートの練習などもほとんでやれていない」と厳しい状態で開幕戦を迎えたとしつつも、「(途中交代したFWの)田中翔太があと10分、20分使えれば良かったけど、リスタートも含めて、開幕前のトレーニングなどでやってきたことが出せた」と新チームの奮戦ぶりに胸を張った。
 
 今年は例年に比べて個の力で勝負できるタレントが少ないものの、U-18代表でプロ注目のアタッカー・武田やU-17代表のCB藤原優大(2年)など攻守で柱となる選手を擁している。この先も厳しい戦いが待ち受けているが、昨冬の選手権王者が幸先の良いスタートを切ったのは間違いない。
 
 そのほかでは優勝候補の清水ユースが青島太一(3年)の2ゴールで、浦和を2-0で撃破。昇格組の大宮U-18は前半のアディショナルタイムにFKから大澤朋也(2年)が頭でネットを揺らし、昨年度のEAST王者・鹿島を1-0で撃破している。
 
 WESTでは2試合を実施。神戸が昨年のEAST覇者で年間王者に輝いた広島と対戦。東田正樹(3年)、山内翔(3年)のゴールで試合を優位に進め、2-1で勝利を挙げている。残る1試合の京都U-18と福岡U-18の一戦は前者に軍配。4-1で快勝し、悲願の初優勝に向けて好スタートを切った。
 
 2日間を掛けて行なわれた開幕戦。2節は来週末に開催される。日本サッカーの次世代を担うプレーヤーたちの熱き戦いから、今後も目が離せない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【高円宮杯U-18プレミアEAST PHOTO】流経大柏 0-2 青森山田

【高円宮杯U-18プレミアEAST PHOTO】大宮U-18 1-0 鹿島U-18

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ