「イブラばかりが応援される…」ホームサポーターの“裏切り”が米国で話題に! LAギャラクシー対戦相手がぼやく

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年04月08日

敵サポーターを味方にしたイブラは躍動。

アメリカで異彩を放ち続けているイブラヒモビッチ。その人気は相手選手が嫉妬するほど凄まじいようだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 ビッグスターの登場に歓喜するのは、敵であろうと仕方のないことなのかもしれない。しかし、選手たちにとっては気持ちの良いことではないようだ。

 現地時間4月6日に行なわれたMLSの西カンファレンス第6節、バンクーバー・ホワイトキャップスの本拠地BCプレイス・スタジアムにロサンゼルス・ギャラクシーが乗り込んだこの試合で、物議を醸しているのは、ホームサポーターたちの態度である。

 2万2120人の観衆が詰めかけたこの試合で、大きな注目を集めたのが、LAギャラクシーの主砲ズラタン・イブラヒモビッチだ。

 昨年3月の電撃入団以来、リーグを席巻しているこの世界的なビッグスターのワンプレー、ワンプレーにバンクーバーのスタンドは反応。その声援に応えるようにイブラヒモビッチも躍動し、63分に先制点をアシストし、71分に圧巻のボレーシュートを決めてみせた。

 結局、0-2で敗れたホワイトキャップスの選手たちは、終始続いた敵エースへの声援にウンザリしてしまっていたようだ。ブラジル人MFフェリペ・マルチンスが、試合のフラッシュインタビューで次のように訴えている。
 
「正直に言って今日は悲しいよ。なぜなら、イブラヒモビッチばかりが応援されていたからね。本来なら僕らのためにあるべきでしょ! だってホームでプレーしているんだから。誰かさんが来ようと関係ないはずなんだ。サポーターなら相手ではなく僕らを応援しにくるべきさ」

 ホームサポーターたちがイブラヒモビッチを応援したことにホワイトキャップスの選手たちは、やる気をそがれてしまった結果、完封負けを喫してしまったのかもしれない。かたや大声援を受けた元スウェーデン代表FWは、ご機嫌な様子で試合を振り返っている。

「ここでのプレーは良かったね。俺への応援も最高だ。スタジアムもよかったし、雰囲気も言うまでもなく最高だ」

 この言葉を聞くに、どうやらホームサポーターの声援がイブラヒモビッチを乗せてしまったのは間違いなさそうだ。

 近年、イブラヒモビッチをはじめ、多くの世界的なタレントの挑戦が続いているMLS。そのおかげでリーグの収益などは増えているようだが、ビッグネームとは縁のないホワイトキャップスのような中小クラブには、思わぬ弊害が起きているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ