英国で“珍”求人! アーセナル・ファンの父親がトッテナム・ファンになってしまった息子のために催眠術師を募集!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年04月08日

気になる求人内容は?

宿敵トッテナムのファンとなってしまった息子を改心させるため、アーセナル・ファンの父親が立ち上がった。 (C) Getty Images ※写真はイメージ

画像を見る

 アーセナルとトッテナム。両者の対抗意識は、1913年に前者が南ロンドンから北ロンドンへ本拠地を移転してから熟成されてきた。数多のダービーマッチが存在するイングランドのなかでも指折りの熱量を持つ。

 1992年のプレミアリーグが発足以来、アーセナルがノースロンドンの“覇権”を握っていきたが、トッテナムが急激に力を伸ばしてきたことで、近年の両者の力関係は拮抗している。

 そうしたなかで、ファンの構図にも変化が見られているのかもしれない。英紙『Mirror』が、とある男性のアーセナル・ファンが行なったユニークな人材募集を紹介している。

 同紙によれば、その男性ファンは、6歳になる息子がトッテナム・ファンになってしまったため、急遽、「3000ポンド(約42万円)を支払うので、息子をアーセナル・ファンへと改心させることができる催眠術師を募集します!」という求人広告を『Bark.com』という人材募集サイトに掲載したというのだ。

 いまだ催眠術師から反応はないようだが、「ボーナスを全て割いたよ」というその父親は、この行動に後悔はない様子で、同紙の取材に答えている。

「常軌を逸していると言われるかもしれない。でも、息子がトッテナム・ファンという状況は好ましくないんだ。妻? 彼女は僕がこんなことやっているとは知らないよ。でも、許可を得るよりも、許しを得るほうが簡単だと思ったんだ。息子を愛している。けど、トッテナムだけは許せない」

「来シーズンが始まる前には問題を解決したい」というこの男性の求人に応じる催眠術師は現われ、6歳の息子はアーセナル・ファンへと改心するのか。はたして――。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ