不出来に苛立ったエジル、敵将にコートを投げつけて物議! SNSでは「今日一番の働きだった」と揶揄

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年04月08日

投げつけられたエバートン指揮官は冷静に語る。

自身のパフォーマンスに苛立ちを募らせていたエジルは、そのストレスを敵将にぶつけてしまったようだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 納得のパフォーマンスを見せられなかった苛立ちはあったかもしれない。だが、それを相手チームの指揮官にぶつけたのだとしたら問題だ。現地時間4月7日のプレミアリーグ第33節、エバートンに敵地で0-1と敗れたアーセナルの主将メスト・エジルの行動にスポットライトが当てられている。

 この日、2シャドーの一角でスタメン出場したエジルだが、大きなインパクトを残せず……。74分にアレックス・イウォビとの交代でベンチに下がった。

 その数分後だった。サイドライン際で両軍の監督が言い合った際にエジルは、その方向に着ていたベンチコートを投げつけたのだ。この場面がテレビカメラで映されて物議を醸している。

 エジルの“ターゲット”は、エバートン指揮官マルコ・シウバだったとみられている。SNSでは、「今日のアーセナルの攻撃で一番の動き」、「この試合におけるアーセナルの最も危険なシーン」など、そのの行動を揶揄する声が寄せられた。
 
 ただ、英紙『Independent』によれば、シウバ監督は試合後に「私は何も見なかった」と、エジルがコートを投げてきたのに気づかなかったと話している。

 また、英衛星放送『Sky Sports』によると、シウバ監督は、「サッカーは感情のスポーツだ。彼は自分のチームにとってのベストを望み、私も自軍のベストを望む」とコメント。「試合後に彼にはそう言ったよ。残り試合での幸運を祈る」と冷静に語った。

 エバートンに敗れ、3位浮上を逃したアーセナルは、来シーズンのチャンピオンズ・リーグ出場権を争う5位チェルシーと勝点で並び、6位マンチェスター・ユナイテッドと2ポイント差と縮められ、残り6試合は、より神経が磨り減る厳しい戦いが続きそうだ。そのなかで、エジルには自分を抑える必要があるだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト5月23日号
    5月9日発売
    2019年シーズン
    J1&J2序盤戦総括
    全1250選手「通信簿」
    高校サッカー別冊付録も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月16日発売
    WSD恒例企画
    2018-2019シーズン
    「BEST PLAYER」
    マンC優勝記念ポスターも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ