【J1速報】50m超のダメ押し弾で勝負あり! 磐田が開幕6戦目で今季初勝利!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年04月06日

オウンゴールが先制点、選手交代で流れを引き寄せる

大久保と松本の連係から生まれたオウンゴールで先制。後半ATにはロドリゲスのゴールで試合を完全に決めた。 写真:田中研治

画像を見る

[J1リーグ6節]湘南0-2磐田/4月6日(土)/BMWス

 公式戦3連勝中の湘南ベルマーレが、今季未勝利のジュビロ磐田をホームに迎えた。20℃を超える暖かな気候で行なわれたゲームは、磐田が2対0で勝利を収め、今季初白星を挙げた。

 奇しくも3試合連続で未勝利チームとの対戦となった湘南は、ワントップの指宿洋史と梅崎司、武富孝介、そして若手の杉岡大暉、鈴木冬一、松田天馬らが先発に名を連ねた。一方の磐田は、大久保嘉人、山田大記、森谷賢太郎らが先発し、チームをけん引する。

 お互いに慎重にゲームに入った両チームだが、15分過ぎから目まぐるしく攻守が入れ替わる展開に。時間が進むにつれて流れが磐田に傾くなか、湘南はGK秋元陽太を中心に気合の守りを見せて前半をスコアレスで折り返す。

 軽快なパスワークで少しずつ流れを引き寄せた湘南は54分、中盤の松田天馬が前線に飛び出し、シュート気味のパスを指宿に送るが、指宿は枠に飛ばせない。直後の56分、磐田のアダイウントンが小川大貴のクロスに頭で合わせるも枠上に外してしまう。

 お互いに手詰まりとなった64分、湘南は梅崎に替えてU-22日本代表の齊藤未月を投入。磐田も同時に森谷を下げてルクセンブルク代表FWのロドリゲスをピッチに送り出し、攻勢を強めた。

 それでもお互いにフィニッシュの精度を欠いた72分、磐田の松本昌也と大久保が右サイドから湘南を崩し、松本がエリア内に侵入して放ったシュートが湘南DF陣に当たり、ゴールに吸い込まれた。

 オウンゴールで先制点を奪われた湘南は、78分に残りの交代カード2枚を切り、大橋祐紀、今季初出場となるレレウを投入。フォーメーションにも手を入れ、1点を奪うべく前線を厚くする。

 後半アディショナルタイム、湘南はエリア左でFKを獲得。GK秋元も上がったラストチャンスのキックは、カミンスキーにキャッチされる。

 そして素早いリスタートから、ロドリゲスが無人のゴールに向けて、センターサークルから放った50m超のミドルシュートが綺麗に吸い込まれ、試合を決定付けた。

 試合はこのまま、名波浩監督が率いる磐田がアウェーで今季初勝利を挙げている。湘南は優勢な時間帯もあったがチャンスを活かし切れず、連勝がストップした。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月28日号
    11月14日発売
    冬の移籍マーケット
    Jリーガー、欧州組etc
    注目株30人の
    「去就大予測」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ