【J1速報】「どうしても勝ちたかった」対鳥栖の”最終兵器”ジャーメイン良らの3ゴールで仙台が今季初勝利!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年04月06日

ジャーメインの先制ゴールで仙台が躍動

ルヴァンカップでの対戦に続いて対鳥栖戦でゴールを挙げたジャーメイン良。試合終了まで鳥栖の脅威であり続けた。 写真:徳原隆元

画像を見る

[J1リーグ6節]仙台3-0鳥栖/4月6日(土)/仙台

 ベガルタ仙台がホームにサガン鳥栖を迎え、3-0で今季初勝利を収めた。

 今季まだ勝ち星のない仙台はジャーメイン良と吉尾海夏のふたりが先発。鳥栖では、注目のフェルナンド・トーレスは欠場し、イサック・クエンカが先発した。

 初勝利を目指す仙台は、ここ2試合でクリーンシートを達成している相手に、先発ふたりが躍動。15分、味方からのスルーパスに吉尾が反応し、ペナルティエリア右からゴール前にクロスを上げる。これに、ルヴァンカップの鳥栖戦でも2ゴールを決めたジャーメインが頭で合わせ、先制する。

 ペースを握った仙台がリードして前半を折り返し、さらに54分、鳥栖の最終ラインでバックパスがずれたところを吉尾が捉え、ペナルティエリア内からシュートを放つ。これが左ポストに当たって跳ね返ったボールを、ゴール前に詰めていた兵藤慎剛が押し込んで追加点を挙げた。

ジャーメイン良とともに先発し、先制ゴールをアシストした吉尾。 写真:徳原隆元

画像を見る


 2点のリードを許した鳥栖は59分にチョ・ドンゴンを投入。イサック・クエンカを左サイドハーフに移してゴールに迫るが、なかなかフィニッシュに持ち込めない。

 82分、仙台のジャーメインの飛び出しからペナルティエリア内で対応した鳥栖のカルロ・ブルシッチが体勢を崩す。倒れた際にボールを腕で囲い込んでしまったプレーがハンドと判断され、ホームチームにPKが与えられる。

 しかしこのPKのキッカーとなったハモン・ロペスのシュートは、左ポストに当たり、かつGK大久保択生の足に当たって跳ね返されてしまった。

 しかし後半アディショナルタイム、石原のドリブルからのラストパスを受けたR・ロペスは、今度は冷静にDFをかわしてシュート。ダメ押しの3点目を叩き込み、勝利を決定づけた。

 仙台はホームに詰めかけたサポーターの前で今季初勝利を挙げた。先制ゴールのジャーメイン良は「(吉尾)海夏は練習から良いボールをくれるので、当てるだけでした。どうしても勝ちたかった。その気持ちがゴールという結果になって良かったです」と笑顔を弾けさせた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月19日発売
    現役監督が「ビッグ12」の
    戦力を採点&格付け
    「CL完全読本」
    全32チーム選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ