「FIFAはワインを飲んでるだけだ!」元マンCのトゥーレ・ヤヤが消えない人種差別に怒り。ボヌッチの軽率発言にも…

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年04月04日

ユーベ新星FWケアンへの“モンキーチャント”が大きな波紋を広げる。

カリアリ戦で得点後に相手サポーターへ自身をアピールするパフォーマンスを披露したケアン。この直後にはスタンドからゴミが投げつけられてもいた。 (C) Getty Images

画像を見る

 イタリアで起きた選手とサポーターの衝突が大きな波紋を広げている。

 現地時間4月2日にユベントスが敵地に乗り込んでカリアリに2-0で勝利したこの試合で、結果以上に話題となっているのが、一部のホームサポーターたちとユーベの俊英FWモイゼ・ケアンの衝突だ。

 20分にシミュレーションでイエローカードをもらったあたりからカリアリのウルトラスから“モンキーチャント(猿の鳴き声を真似たチャント)”を受けていたケアンは、85分にダメ押し点を決めた直後、そのゴールの真裏に陣取るカリアリ・サポーターに向けて両手を大きく広げるパフォーマンスを披露したのだ。

 これがさらにホームサポーターの怒りを助長させ、ケアンだけでなくブレーズ・マテュイディやアレックス・サンドロといったユーベの黒人選手たちをターゲットにした差別的野次は試合終了まで続いた。

 今年2月に19歳になったばかりのケアンが人種差別に対してみせた“反攻”には、黒人選手をはじめとする多くのサッカーファミリーから称賛のコメントが相次いだ。そんななか、意外とも言うべき見解を示したのは、同じユーベに所属するイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチだった。

 ユーベのリーダー格でもあるイタリア代表DFは、試合後、イタリア・メディア『Sky』のフラッシュインタビューでケアンの振る舞いに、「挑発すべきではなかった」とコメントし、こう続けた。

「本来、ゴールセレブレーションはチームメートとするものだ。僕としてはお互いさまだと思う。50対50だ。モイゼはあんなことをすべきじゃなかったし、カリアリのゴール裏もああいうかたちでやり返すべきじゃなかった」
 

 さらに「自分たちはプロ。手本を示すべきで、誰かを挑発すべきじゃない」と語ったボヌッチだったが、この軽率とも取れる発言が反感を買ってしまう。とくに厳しく糾弾したのは、元コートジボワール代表MFのトゥーレ・ヤヤだ。

 プレミアリーグやラ・リーガで活躍した一方で、自身も人種差別の被害を受けてきたという35歳のベテランMFは、英衛星放送「BBC」の取材で、ボヌッチの発言に異論を唱えた。

「個人的な意見を言わせてもらえば、信じがたい発言だね。もしも、僕がそういった場面に出くわしたらとても傷つくし、怒りに震えると思う。そういうなかで、彼(ボヌッチ)の発言はチームメートへの敬意を欠くものであり、彼はチームと同僚たちに謝罪すべきだ」

 さらにトゥーレ・ヤヤは、こうした問題が起きても、具体的な動きを見せない国際サッカー連盟(FIFA)やヨーロッパ・サッカー連盟(UEFA)を批判した。

「彼らは椅子に座ってコーヒーとワインを飲ながら、今回起こったような事件を聞くと、電話を手にとって言うんだ。『そんなことはあってはならない。再発させないために積極的にならなければならない』とね。そして、FIFAはまた僕らに頼むだろうね。『何かをやってくれ』って。だけど、何年も何年もそうしてきた。でも、何かが変わったかい?」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ