「僕らは二流の民族と見られている」 名手エトー、黒人監督が生まれにくいサッカー界に不満吐露

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月09日

「ライセンスを持っている人は大勢いるのに…」

約22年に及ぶ現役生活で、サッカー界の悪しき部分も目にしてきたエトーは、その現実に不満をぶつけた。 (C) Getty Images

画像を見る

 酸いも甘いも知る大ベテランが、サッカー界に蔓延る問題に対して持論を展開した。

 現地時間1月7日にフランスのテレビ局「Canal +」が伝えたのは、元カメルーン代表FWサミュエル・エトーの言葉である。いまもカタールFCで現役を続けている名ストライカーは、サッカー界で蔓延している「差別」に苦言を呈したのだ。

 現在37歳のエトーは、1997年にレアル・マドリーでトップキャリアをスタートさせて以来、バルセロナ、インテル、チェルシーなどでプレーし、世界6各国を渡り歩いてきたサッカー界の生き字引である。

 そんなレジェンドは、多くの栄光を掴んだ一方で、この世界に蔓延る差別に心を痛めてきた。バルサ時代の2006年にサラゴサと対戦した際には、敵地で相手サポーターから「モンキーチャント」を受け、自主的にベンチへ下がろうとしたこともあった。

 この問題については、大いに思うところのある彼は、同メディアのインタビューに対して、自らの引退が間近に迫っていることを示唆するとともに、セカンドキャリアで監督になることを希望するも、見えないところに存在する差別が「障壁になる」と語った。

「黒人選手で、引退後にコーチングライセンスを取得している人間はあまりいないかもしれないが、所持している人だって大勢いる。なのに、なんでトップクラブに招聘されないのか? それは、絶対的な信頼が足りないからだろう。

 黒人に対して『監督として指揮できる』っていう信頼はこの世界に存在しないし、僕ら(黒人)は二流の民族だと認識されていると感じる」

 黒人監督がいないわけではない。現在のカメルーン代表監督を務めるのは、元オランダ代表MFのクラレンス・セードルフであり、欧州でもパトリック・ヴィエラ(ニース)やティエリ・アンリ(モナコ)らが、トップリーグのクラブで指揮を執っている。

 だが、ビッグクラブなどで指揮を執る黒人監督はいまだ少ない。この問題に関して、元アーセナルのMFであるポール・デービスは、英公共放送「BBC」で、「サッカー界は多くの才能をみすみす腐らせている」と語っている。

「黒人はその多くが、『自分は指導者になれない』と感じている。黒人選手と話をすると、『たぶんうまくいかないだろう。指導者になるためのトレーニングを6年、もしくは7年やっても、たいした仕事には就けないと思う』と言っている」

 そうした“見えない差別”とも戦い続けてきたのが、他でもないエトーだ。それだけに、セカンドキャリアで監督となり、周囲の考えを改めさせるような采配を振るう姿を見てみたいところだ。

「選手としてヨーロッパで成功したから、僕は指導者としてもヨーロッパで勝ちたい」と意気込むエトーの引退後のキャリアには、大いに注目したい。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ