【小宮良之の日本サッカー兵法書】 強豪相手に状況の変化に対応して勝ち切る――森保ジャパンが残した課題

カテゴリ:連載・コラム

小宮良之

2019年03月31日

コロンビアに互角の戦い! だが本拠地で敗北…

主力を揃えた強豪相手に互角以上に渡り合う時間帯もあったが、結果は敗北……。このコロンビア戦の経験を活かし、6月の親善試合とコパ・アメリカでは、ステップアップした日本代表の姿を披露することができるか。 (C) Getty Images

画像を見る

「前半は立ち上がりにピンチがあったものの、選手はアグレッシブに戦ってくれた。激しくプレスをかけ、粘り強くボールを奪い、良い守備から良い攻撃が生まれて。ただ、チャンスを多く作ったところで、得点することができなかった。前半に1点でも奪えていたら……」
 
 日本代表を率いる森保一監督は、試合後の会見で開口一番、そう振り返っている。
 
 3月22日、日産スタジアムでのコロンビア戦は、0-1の惜敗に終わった。これまで、2014年ブラジル・ワールドカップは1-4で敗れ、18年ロシアW杯では2-1で勝利。日本が世界と対等に戦うには、怯んではいられない相手だ。
 
 その点、互角の戦いは見せた。前半の戦いは及第点だった。しかし、本拠地で敗れたのも事実である。
 
 森保ジャパンの現在地とは――。
 
「前半のインテンシティーを、後半は保てなかった」
 
 森保監督は、端的に敗因を語っている。
 
 4-4-2で組んだ布陣は、コロンビアを追い込んでいた。前線からの激しいプレッシングで圧迫。プレスバックも強烈で、攻守の切り替えは速かった。
 
 南野拓実が下がって奪い、中島翔哉が狙い、堂安律は積極的に中央へ入ってシュートを打ち込み、右SBの室屋成はタッチラインを攻め上がっている。高速コンビネーションで手を出させない、という試合を続けた。
 
 しかし、90分を同じリズムで戦うのは難しい。変わりゆく局面にどう対応するのか。その柔軟さが問われる試合だった。
 
「後半になって、コロンビアはプレッシャーを強めてきた。(我々は)ボールを動かせず、プレスを回避できなくなった。前線で起点を作れず、押し込まれた。守備での対応もそうだが、ボールロストしてしまって、守備に回らざるを得なかった」
 
 森保監督は、無念の表情を浮かべた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月5日発売
    欧州サッカーの1年を凝縮!
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の保存版をお届け
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月27日号
    6月13日発売
    久保建英は欧州へ旅立つ?
    「夏の㊙移籍ファイル」
    テーマ別に総チェック!
    大宮&大分特集も必見
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月6日発売
    欧州強豪の思惑は?
    夏の移籍マーケット最前線
    コパ・アメリカ選手名鑑に
    マンC特別付録も必見!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ