ビジャに憧れる“バレンシアの至宝”フェラン・トーレス、その知られざる素顔に迫る【独占インタビュー】

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年03月31日

17歳でトップデビューを果たす

6歳の時からバレンシア一筋のトーレス。クラブの期待は大きい。(C)Leaderbrock

画像を見る

 スペイン人の中で「2000年代生まれ」の出世頭といえば“バレンシアの至宝”フェラン・トーレスだ。ダビド・ビジャに憧れる19歳は、これまでどんなキャリアを歩んできたのか。『ワールドサッカーダイジェスト』誌が行なった独占インタビューをウェブ版として掲載する。

――◇――◇――◇――◇――

――サッカーを始めたきっかけは?

「たしか祖父母の家にボールがあって、自然に蹴るようになったんだ。当時から「才能がある」って思われていたみたいだよ(笑)」

――バレンシアに入団したのはいつ?

「6歳の時、学校のフットサルチームでプレーしていたら、入団テストの誘いを受けたんだ。それに合格して、バレンシアの一員になれたんだ」

――子供の頃に憧れていた選手は?

「アイドルは、いまも昔もずっとビジャ(現ヴィッセル神戸)だね。僕がカンテラに入った頃にトップチームでプレーしていたんだ。ちょうど全盛期だったしね」
 
――トップデビューは2017年(11月30日)のコパ・デル・レイ、サラゴサ戦だったね。

「特別な試合だったし、とにかくプレーしていて楽しかった。バレンシアのカンテラで11年間、追い求めてきた夢が実現したわけだからね。あの瞬間は忘れられないよ」

――その試合でいきなりアシストを記録し、ラ・リーガ初スタメンを飾ったアスレティック・ビルバオ戦(18年2月28日)でもゴールをお膳立てした。

「得意なポジションは左ウイングで、アタッカーは得点に絡むプレーが求められる。これまでもそうやって結果を残してきた。もっとも意識しているのは、フォア・ザ・チームの精神だけどね」

――まだ18歳だけど、すべてのコンペティションを合わせると38試合に出場し、チャンピオンズ・リーグの舞台にも立った。これまでのキャリアをどう評価している?

「正直、自分ではよく分からないよ。もう少し時間が経ってみないとね。いまは充実した毎日を過ごすことしか考えていない。チームメイトは一線級の選手ばかりだし、一緒に練習することで成長していきたい」
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ