Jスカウト注目、立正大淞南の天才肌パサー。山田真夏斗の名前を覚えておいて損はない

カテゴリ:高校・ユース・その他

森田将義

2019年03月30日

立正大淞南らしくない――。南監督がそう明かす理由は?

相手の急所を突くパスセンスを一級品。山田のスケール感にJ1クラブも興味を示している。写真:森田将義

画像を見る

「立正大淞南らしくないタイプとよく言われる」と南健司監督が笑う理由はよく分かる。
 
 これまで17人もの選手をJクラブに送り込んできた中国地方屈指の強豪校において、プロに進んだのはGK神山竜一(元福岡、現ラインメール青森)のような守備職人や、FW松田力(現福岡)に代表されるストロングポイントが明確なアタッカーばかり。

 代名詞である堅守速攻というチームスタイルも相まって、前線と最終ラインの選手にスポットライトが集まりがちだった。

 しかし、今年の“淞南の顔”であるMF山田真夏斗(新3年)は、先人たちとは違った魅力を秘めている。181センチの大型MFだが、目を惹くのはサッカーセンスの高さだ。トップ下の位置で細かな動きを繰り返し、フリーでパスを引き出せる。足もとの技術も高水準で相手の逆を取りながら、滑らかなタッチで相手のゴール前までボールを運ぶ。

 そして、何よりも際立つのが左右両足から繰り出す上質なパスだろう。いつ見ていたのか分からないタイミングで、相手が一番嫌な位置に送り込む高精度の配給は観ている者を唸らせる。
 
 南監督に「他の選手とは見ている所や感覚が違う」と言わしめる武器を身に付けたのは、高校に入ってから。ロングボールを多用するスタイルの産物だった。

 天才肌という表現がよく似合うプレーについて山田はこう明かす。

「ボールをもらう前にまず全体を見渡す。そこから、淞南の黄色いユニホームと相手のユニホームを確認して『ちょうど良い所に行くかな』というギリギリの所にパスを出す。しっかりは狙ってないんで、たまたま通っているだけなんです」
 
 特筆すべき感覚を持つタレントを放っておくはずがない。今年1月にはJ1クラブの練習に参加した。

「長短のパスは自分で思っている以上に通用したけど、守備の所がきつかった。一人ひとりの走る量も多くて、淞南で走っている倍以上走らないといけないと思った」

 28日に開幕した「第9回プーマカップ堺」でも注目度は高く、彼を一目見ようと立正大淞南の試合に多くのスカウトが駆け付けた。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月23日号
    1月9日発売
    天皇杯優勝記念
    ヴィッセル神戸特集
    J1&J2全40クラブ
    2020冬の補強考察も
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ