2試合連続先発の伊東純也、ベルギー初ゴール&アシストの大活躍!! しかしチームは終盤に追いつかれ勝ち切れず…

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年03月18日

スピードを活かして守備陣を翻弄し、1G1A

2試合連続で先発した伊東。チームの勝利に貢献した。写真はアントワープ戦のもの。 (C)Getty Images

画像を見る

 現地3月17日、ベルギー・ジュピラーリーグの第30節が行なわれた。レギュラーシーズン最終節となるこの一戦、ヘンクはアウェーでズルテ・ワヘレムと対戦し、3-3のドローに終わった。

 同リーグはレギュラーシーズンの後、上位6チームによるプレーオフ1(PO1)で優勝チームや欧州カップ出場チームが決するが、ヘンクはすでに進出を決めている状態でレギュラーシーズン最終節を迎えた。

 この日、今冬からヘンクに加入した伊東純也は、4-1-4-1の前線、中盤右サイドで先発している。

 アウェーのヘンクは14分にPKを与えてしまい先制を許すが、19分に右サイドから伊東が守備網を突破。DFを引きつけた絶妙なタイミングで中央に送ったクロスに、ルスラン・マリノフスキが頭で合わせ、試合を振り出しに戻す。

 試合の主導権を握ったヘンクにおいて、伊東は右サイドで躍動。10分にも右サイドから切り崩し、直接シュートしたボールがポストに跳ね返されるという惜しいシーンをはじめ、何度もチャンスを創出した。

 こうしたチャンスを自らモノにしたのは39分、俊足を生かしてDFを空いた中央のスペースに走り込んだ伊東は、右サイドからのクロスに左足で合わせてネットを揺らす。チームにとっての勝ち越し点、そして自身ベルギーリーグでの初ゴールを見事に決めた。

 前半だけで1G1Aの活躍をみせた伊東は、後半もプレーし、71分でピッチを去った。

 その後、ヘンクは61分にも追加点をあげて勝利を確かなものにしたように見えたが、72分、後半アディショナルタイムにゴールを許し、試合は3-3のドローで終わっている。
 
 勝利を収めることはできなかったが、攻撃陣が手詰まり状態となっていたヘンクにおいて、伊東のスプリントとスピードは有効なバリエーションであることを証明できた一戦となった。

 伊東擁するヘンクは、次はリーグ優勝をかけてプレーオフ1を戦うことになる。伊東は入団会見時に「リーグ優勝に貢献したい」と目標を口にしていた。有言実行の活躍を期待させる活躍ぶりでレギュラーシーズンを終えている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月26日号
    11月12日発売
    “超”先取りJ移籍マーケット
    オフを賑わす主役候補10人&
    J1全18クラブの陣容予測
    引退表明の中村憲剛の特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ