中村憲剛も高評価!! 川崎のサッカーに“同化しない”男が上海上港戦で魅せたハイパフォーマンス!

カテゴリ:Jリーグ

江藤高志

2019年03月07日

今季初出場初スタメンの長谷川が中国王者の上海上港を相手にドリブルで魅せた!

上海上港を相手に変幻自在のドリブルで仕掛け続けた長谷川。攻撃のアクセントとして存在感を見せた。(C) Getty Images

画像を見る

[ACLグループリーグ1節]上海上港1-0川崎/3月6日/上海体育場
 
 今季初出場初スタメンとなった長谷川竜也が、ACL上海上港戦でらしさを発揮した。
 
 長谷川は今季、ゼロックス杯を含めた3試合の公式戦すべてでベンチ外と試合に絡めていなかった。それでも腐らずに矢印を自分に向け、課題と向き合い練習に打ち込んできた。その姿勢が評価され先発で出場。守備を固める上海上港に対し、1対1で仕掛け続けリズムを作った。
 
 その長谷川をピッチに送り出した鬼木達監督は「トレーニングマッチでも良かったですし、相手との相性も考えて竜也は行けるなと踏んでいました。そういう意味で言うと思っていたプラン通りの働きをしてくれた」と評価。
 
 長谷川については中村憲剛も「竜也は本当によくやってくれた」と語り、その働きについて次のように述べている。
 
「推進力を持ってやってくれた。ああいう風にずっと出番がなかった竜也があれだけやってくれているんだから。鬼さんもいろいろな選手を使いやすくなると思うし、自分を含めて競争だと思います」
 
 当の長谷川自身は「自分の中で課題として修正したいところだった」と話す攻撃面の特徴をよく出せていたと振り返る。
 
「できたこととしては相手の最終ラインの選手に仕掛けることができて。良くない時はMFの選手が戻ってくるまで待つんですが、今日は戻られずに相手のディフェンスラインのサイドの選手だとか、CBの選手に仕掛けることができたので。簡単にカットインもできましたし、シュートに持ち込むことも、クロスも上げられた」
 
 60分には家長昭博からのクロスをファーサイドで待ち構え、頭で合わせている。
 
「アキさんからいいボールが来た時も、あそこのポジションに居ることまでは正直自分の力にはなってきているなとは思います」
 
 ただし、そこで決めきれなかったことは課題だと自らを戒めていた。
 
「あそこで決めきるとか、結果を出すというところがやっぱりあと少しという。まあでもそこは正直、その形を何度も出し続けて、その頻度を上げて」
 長谷川はそう前を向いていた。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月5日発売
    欧州サッカーの1年を凝縮!
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の保存版をお届け
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月27日号
    6月13日発売
    久保建英は欧州へ旅立つ?
    「夏の㊙移籍ファイル」
    テーマ別に総チェック!
    大宮&大分特集も必見
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月19日発売
    2019-2020シーズンは
    この布陣で戦え!
    メガ14クラブ「最強モデル」
    第2特集は“リバプールに学べ”
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ