昨季得点王ジョーが開幕戦で2発!! 3年目を迎えた風間グランパスが敵地で快勝スタート!!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年02月23日

互いに両エースが厳しいマークを受けるなかで…

前半は沈黙したジョーだが、後半一気に爆発した。写真:徳原隆元

画像を見る

 J1リーグは2月23日、今季の開幕戦8試合を開催。駅前不動産スタジアムではサガン鳥栖対名古屋グランパスの試合が行なわれ、名古屋が4対0で勝利を飾った。


 鳥栖は元スペイン代表FWのフェルナンド・トーレスと元日本代表FWの金崎夢生が2トップを形成したが、新加入のイサック・クエンカが欠場。3-5-2の布陣で臨んだ。一方名古屋は昨季得点王のジョーと新加入の赤崎秀平の2トップでガブリエル・シャビエル、新加入のブラジル人MFジョアン・シミッチらが先発に名を連ね、4-4-2の布陣となった。

 試合は両チームともに相手エースへの警戒を強め、互いに慎重な立ち上がり。開始5分に名古屋は赤崎が一瞬の隙を突いて抜け出し、フリーでシュートを放つが惜しくもゴール右に外れてしまう。その後は名古屋が丁寧なビルドアップから主導権を握ろうとするが、鳥栖も素早いプレッシャーで応戦し、前半はスコアレスで折り返した。

 後半、立て続けに決定機を作り出したのは鳥栖。52分に原川力のパスに抜け出したF・トーレスが強烈なシュートを放つと、これがポストを直撃。さらに59分には新加入の原輝綺からのクロスに高橋秀人がヘディングで合わせるも、これもGKランゲラックの好守に阻まれた。

 すると63分、名古屋が後半最初のビッグチャンスをモノにする。右サイドを起点としたパス回しから、丸山祐市が最前線のジョーへラストパス。鳥栖DFの高橋祐治のマークに遭いながらも、ジョーは巧みなボールコントロールから素早く左足を振り抜くと、シュートは右ポストに当たりそのままゴールに吸い込まれる。名古屋が均衡を破った。

 77分には昨季まで鳥栖に在籍した吉田豊のクロスに再びジョーが頭で合わせ追加点を奪うと、ここから名古屋はゴールラッシュ。2分後にはシミッチからのパスを受けた大卒ルーキーの相馬勇紀が決め3点目を奪うと、89分には途中出場の和泉竜司がダメ押しの4点目を決めた。

 試合は4対0でタイムアップ。風間体制3年目を迎えた名古屋が、昨季得点王のジョーの2ゴールの活躍などで完勝スタートを切っている。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月5日発売
    欧州サッカーの1年を凝縮!
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の保存版をお届け
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月27日号
    6月13日発売
    久保建英は欧州へ旅立つ?
    「夏の㊙移籍ファイル」
    テーマ別に総チェック!
    大宮&大分特集も必見
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月6日発売
    欧州強豪の思惑は?
    夏の移籍マーケット最前線
    コパ・アメリカ選手名鑑に
    マンC特別付録も必見!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ