「我々に大きな“根性”があることを…」闘将シメオネの“股間ジェスチャー”が話題に! なぜやった?

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年02月21日

「良くないジェスチャーだった」と認めつつも…

自分の股間を掴み、強調するパフォーマンスを見せたシメオネ。そのジェスチャーに賛否両論が渦巻いている。 (C) Getty Images

画像を見る

 イタリアの絶対王者に浴びせた会心の一撃に、アトレティコ・マドリーの闘将は溢れ出る感情を抑えることができなかったようだ。

 現地時間2月20日に行なわれたチャンピオンズ・リーグ(CL)ラウンド・オブ16の第1レグで、ユベントスを2-0と破ったアトレティコ。その指揮官であるディエゴ・シメオネのパフォーマンスが大きな話題となっている。

 サッカー界でも指折りの熱血漢として知られるシメオネが、「そのジェスチェー」を見せたのは、78分にホセ・ヒメネスが先制弾を叩き込んだ直後だった。

 71分にアルバロ・モラタのゴールがVARによって取り消されたこともあり、余程ストレスが溜まっていたのか、ヒメネスが均衡を破るや否や、シメオネは感情を爆発させる。クルっとスタンド方向を振り返ると、股間に両手を当て、その部分を強調するかのようなパフォーマンスを披露したのだ。
 
 試合後、挑発行為とも取られかねないこのパフォーマンスについてシメオネは、「良くないジェスチャーだったのは認めるよ」と、行き過ぎた行為であったことを謝罪した。

 そのうえで、「現役だったラツィオ時代にもしたことがある。『我々は大きな“タマ”を持っている』とファンに示すために再びやったんだ。相手チームを侮辱するつもりはなかった。ファンに向けてやったんだ」と行為に及んだ経緯を説明した。

 シメオネが表現した“タマ”とは、スペインでは「根性」や「漢気」を表わす言葉でもあり、アルゼンチン人指揮官は、それをシンプルにファンへ伝えたかったようである。

 強調した箇所が箇所だけに、今後、シメオネが何らかの処分を受ける可能性もゼロではない。だが、本人に悪びれる様子はない。

「私はあれをやる必要があると感じた。コンディションが100パーセントではないジエゴ・コスタを含めて、チームは一生懸命に戦っていたからね。とてもタフなゲームだったし、私も何かを示す必要があったんだ。もし誰かが怒っているなら謝罪するよ。でも、私は心の底からあれをやったんだ」

“らしさ”全開で、チームを発奮させたシメオネ。そんな闘将に導かれ、ユーベを撃破したアトレティコは、13日に行なわれる敵地での第2レグで突破を決めることができるだろうか。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ