• トップ
  • ニュース一覧
  • 「ボールには触れたんだけど…」マドリーの守護神クルトワがあわや同点弾の“衝撃ヘッド”に言及!

「ボールには触れたんだけど…」マドリーの守護神クルトワがあわや同点弾の“衝撃ヘッド”に言及!

カテゴリ:メガクラブ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2019年02月19日

「ナーバスにさせようと思った」とゴール前へ

試合終了間際にヘディングシュートを放ったクルトワ(25)。ボールは惜しくも枠を外れた。(C)Getty Images

画像を見る

 決まっていれば、リーガの歴史に残るゴールになったのは間違いない。

 2月17日に開催されたラ・リーガ24節、17位に沈むジローナをホームに迎えた2位レアル・マドリーは、25分にMFカゼミーロのヘッドで先制したものの、後半に2点を奪われてまさかの逆転を許す。

 90分にはキャプテンのCBセルヒオ・ラモスが2枚目のイエローで退場。万事休すかと思われた後半アディショナルタイム5分にCKを獲得する。

 この最後のチャンスに「(ジローナを)ナーバスにさせようと思った」と、ゴール前に上がったのがR・マドリーの守護神ティボー・クルトワだ。199センチの長身GKは、MFトニ・クロースの正確なCKを軽くジャンプをしてヘディングで捉える――。

 渾身のヘッドは、惜しくもゴールやや右隅にそれてしまい、劇的な同点弾とはならなかった。結局、試合はこのまま終了。R・マドリーの連勝は5でストップした。
 
 試合後、クルトワは、次のようにコメントしている。

「何が起こったのかわからない。前半は自分たちのペースでプレーしていたけど、後半は(前節の)アトレティコ戦や(チャンピオンズ・リーグの)アヤックス戦のようなリズムでできなかった。ジローナに主導権を握られ、チャンスを作られてしまったね。とても重要な3ポイントを落としてしまった」

 またシュートシーンについては、「ボールには触れたんだけど、枠を捉えられなかった」と悔やんだ。

 この敗戦で、3月2日に行なわれる首位バルセロナとのエル・クラシコを前に、その宿敵との差が9ポイントに開いてしまった“白い巨人”。文字通り痛恨の黒星となった。
【関連記事】
S・ラモスが“退場王”に…まさかの敗戦を喫したジローナ戦で5大リーグ最多の不名誉記録を樹立
アヤックスOBが堂安律のステップアップ移籍に太鼓判!「トップクラブでプレーする準備は整っている」
Jリーグ入りが噂されるロッベンが来季の去就を語る!「どこだってありうる」「体調がいいと感じる限り…」
「メシが美味しそうだったから…」ベルギー代表MFが中国電撃移籍の理由をおもしろ告白!
サラの弔いに暗い影を落とすカーディフとナントによる「カネの対立」。FIFAを巻き込む事態に発展か

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ