火災で急逝した後輩たちへ…パケタがミラン初ゴールを捧げる

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2019年02月11日

試合の2日前に古巣フラメンゴで悲劇が…

ミラン初ゴールをフラメンゴの後輩たちに捧げたパケタ。(C)Getty Images

画像を見る

 今冬にフラメンゴからミランに移籍したブラジル代表MFのルーカス・パケタが、現地時間2月10日のカリアリ戦(3-0で勝利)でイタリア初ゴールを決めた。

 1点リードで迎えた22分、右サイドからダビデ・カラブリアが上げたクロスを、ファーサイドに飛び込んで得意の左足で流し込んだ。

 ゴールを決めたパケタは、神妙な面持ちで左腕に巻いた喪章を取ってキスをすると、目をつぶりながら天に掲げて祈りを捧げた。

 実は試合の2日前、パケタの古巣フラメンゴでは悲劇が起きていた。早朝にユースチームの宿舎で火災が発生し、10名が死亡、3人が怪我をする大参事に見舞われていたのだ。
 
 かつての自分と同じく、プロ選手を夢見ていた少年たちが命を落とす凄惨な事件。パケタは『スカイ・スポーツ』のインタビューで「僕にとってとても難しい時期だった」と語り、こう続けた。

「僕はミラノでプレーし、セリエAで初ゴールを決めた。まるで夢のようだ。同時にフラメンゴも僕の大きな夢だった。同じアカデミーで育った少年たちのことはけして忘れない」

 ミラン加入後は7試合連続スタメンと、早くもレギュラー定着を果たしてパケタ。不幸な事故で命を落とした後輩たちのためにも、ますますの活躍が期待される。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト7月25日号
    7月11日発売
    勢力図はどう変わる!?
    2019シーズン J1&J2
    最終順位 大予想
    柴崎&宇佐美ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月18日発売
    2019-2020シーズン
    ヨーロッパ主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    WCCFシリアルコード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ