アグエロ? サラー? オーバメヤン? 白熱するプレミアリーグの得点王争い、ファンの人気投票で本命視されたのは…

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年02月12日

現在負傷離脱中のケインにもチャンスはある。

アグエロ(右)とサラー(左上)が現在17ゴールでトップを走るプレミアリーグの得点王争い。僅差で追うオーバメヤンとケインにもまだチャンスはある。(C)Getty Images

画像を見る

 プレミアリーグの得点ランクで首位を走っていたリバプールのモハメド・サラーは2月9日、ボーンマス戦で今季17ゴール目を挙げた。

 だが、その翌日にマンチェスター・シティのセルヒオ・アグエロがチェルシーを相手にホームで2試合連続となるハットトリックを達成。17ゴールでサラーに並んでいる。

 一方、アーセナルのピエール=エメリク・オーバメヤンは、第15節以降の12試合で5ゴールとペースダウン。サラー、アグエロに2点差をつけられている。また、22試合で14ゴールを挙げたトッテナムのハリー・ケインは、現在負傷のため戦線離脱中だ。

 ただ、ケインは順調に回復しており、今月中の復帰も期待されている。もちろん、サラーやアグエロは今後もゴールを量産することが予想され、オーバメヤンにも得点王のチャンスはまだ十分残っている。
 
 はたして、今シーズンのプレミアリーグで得点王の栄誉に輝くのはどの選手なのだろうか。英衛星放送『Sky Sports』のアンケートでは、2万3000人を超えるユーザーのうち、アグエロが得票率41%と本命視されている。“対抗馬”は34%のサラーで、ケインが11%、オーバメヤンは9%の得票率だった。

 現在12ゴールのエデン・アザール(チェルシー)が1%だった以外は、「その他」が4%。このアンケート結果によれば、得点王争いは概ねアグエロ、サラー、ケイン、オーバメヤンの4選手に絞られたと見られているようだ。

 リバプール、シティ、トッテナムは現在リーグタイトルを争っており、アーセナルはチャンピオンズ・リーグの出場権を競っている。チームが大事なバトルを繰り広げている中で、各エースたちの重要度は増すばかりだ。

 その重圧に耐え、ファンの期待に応えながらネットを揺らし続け、見事プレミアのトップスコアラーの座を射止めるのは――。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月9日発売
    決定版がついに完成!
    2019年 J1&J2&J3選手名鑑
    55クラブを完全網羅
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月28日号
    2月14日発売
    2019年J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    あらゆる角度から総力予想
    特別付録は「選手名鑑」!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月7日発売
    最新スカッドを更新!
    2018-19シーズン
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ