【アジア杯検証】ボールを"預けられた"堂安律が真価を発揮できなかった理由

カテゴリ:日本代表

清水英斗

2019年02月04日

堂安のひらめきは、セーブされてしまったと感じる

前線の4人のなかで最も出場時間が長かった堂安は、森保監督にとって使い勝っての良い選手だったのだろう。(C)AFC

画像を見る

 堂安律は力を示すことができなかった。日本代表がアジアカップで準優勝に終わり、彼は最も不甲斐ない思いをした選手のひとりだったのではないか。エースになれなかった。それは確かだ。
 
 だが、そもそも『エース』ではない、という気もする。
 
 今大会では、右サイドで堂安がボールを預けられ、相手と1対1で対峙するケースが多く見られた。これはアジアカップ以前、左サイドで中島翔哉がボールを受け取り、直面した状況に似ている。
 
 ところが、中島との違いは、そこで何も出来ず、ボールを失う場面が多かったこと。縦にドリブルで仕掛けても、抜き切れない。振り切れない。そんな場面が目立った。
 
 堂安は汎用性が高いプレーヤーだ。様々な状況に対応することができる。キープ力があり、ワンタッチコンビネーションが巧みで、逆サイドへの展開力もある。さらにドリブルで仕掛けたり、ミドルシュートを打ったり、守備も献身的に取り組む。
 

 狭いスペースでも、広いスペースでも、速攻でも、遅攻でも、あらゆる状況にフィットできる。プレーの幅が広い。そして言うまでもなく、左足ならではの独自性を右サイドで発揮できる利点もある。
 
 森保一監督にとっては、使い勝手の良い選手だったのではないか。実際に今回のアジアカップ、前線4人の中で最も長い時間、出場したのは堂安だった。サウジアラビア戦では76分に南野拓実を下げ、伊東純也が投入された際、堂安はトップ下に移っている。20才という若さだが、実はプレーの柔軟性は、先輩たちよりも高い。
 
 だが、そこで意地の悪い見方をするなら、どれも、それなり。だからこそ、仕掛けの場面では物足りなさが残ったとも言える。
 
 個人的には今大会、堂安の能力は、セーブされてしまったと感じる。彼が最も輝きを見せるのは、誰かの仕掛けに呼応してタイミング良く飛び出したり、意外性のあるスルーでコンビネーションを見せたり、相手の嫌がる場所へ強引に仕掛けたりすること。それはひと言で言えば、ひらめきであり、状況の隙間を突くセンスだ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ