堂安律が「自分のせいで負けた」と敗因をひとりで抱え込んだワケは?|アジア杯

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年02月02日

自身を責めたのも、決定的な仕事ができなかったからに他ならない

喜びに沸くカタールの横でピッチに視線を落とした堂安。この悔しさをバネに出来るかは自分次第だ。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[アジアカップ・決勝]日本 1-3 カタール/2月1日/ザイード・スポーツシティ・スタジアム

 初めて挑んだアジアカップは最後に猛烈な悔しさを味わう大会となった。
 
「結果がすべてだと思っています。今大会で優勝すると言ってきたので、自分の責任だなと感じている」
 
 飛ぶ鳥を落とす勢いでその名を上げてきた堂安律はカタールとの決勝を終えた後、自身の出来を責めた。前半に喫した予想外の2失点。ビハインドを最後まで跳ね返せずに唇を噛んだ。
 
 なぜ、そこまで敗戦の責任を背負ったのか。それは若手選手のひとりとして、経験を積むためにUAEの地に来たわけではないからだ。
 
「優勝していないので、得たものはないと思っています。優勝するために来ましたし、それしか考えていなかった。経験とか成長のために来たわけではないので、だからこそ自分のせいで負けたなと感じている」
 
 この日の堂安はゴール前でいくつかのチャンスを作り出したものの、独力でこじ開けて決定機を生み出す場面は皆無。「自分の中で一発を持っていると思っていましたけど、なかなか振り切れず一発が出なかった大会。それをいつ出すのか、どこで出すのか。自分の特徴を逆算しながらプレーしていきたい」と話した通り、自身が積み重ねてきた自信はこの決勝の敗戦によって打ち砕かれた。
 
 突きつけられた課題とどう向き合うのか。堂安は「腹立たしいし、自分に対してもどかしさを感じています。それを発散できるのもピッチの上でしかない。いくら今ここでなにかを変えたいと言っても変わらない」としつつも、「トレーニングや試合のピッチで変えていきたい」とさらなる成長を誓った。

 日本の将来を担うであろう20歳のアタッカーにとって、今回のアジアカップは苦い記憶として脳裏に刻まれたことだろう。所属するフローニンヘンで一から自らを鍛え直し、チームを勝たせられるアタッカーとなって代表に戻って来る。

【日本代表PHOTO】日本1-3カタール|南野の今大会初ゴールで反撃の狼煙を上げるも追いつけず。2大会ぶりの優勝を逃す…

【サポ―ターPHOTO】UAEでは日本が人気!?決勝戦を盛り上げた両サポ―ター特集!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ